テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【テニス初心者必見】トロフィーポジションでかっこ良くサーブを打つとっても大切な2つのポイント

こんにちは。テニスコーチの永田修一です。

 

突然ですが、

 

「これさえ出来ればサーブがかっこ良くなる!」

 

と、いった”コツ”があったら知りたくないですか?

 

前回、【テニス初心者必見】サーブのトロフィーポジションとは?名前の由来も紹介!

【テニス初心者必見】サーブのトロフィーポジションとは?名前の由来も紹介!

2018.02.07

 

といった記事を書きましたが、

 

このトロフィーポジションをかっこ良くすると、サーブもかっこ良くなります。

 

今回はそんなトロフィーポジションで、最初に大切にしたいことを2つに絞ってみました。

サーブのトロフィーポジション

サーブをためて、打つ。

 

サーブのトロフィーポジションは、サーブを打つ前の「ため」になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ため」があると落ちてくるボールにタイミングを合わせて、思い切って打てます。

 

落ちてくるボールにタイミングを合わせて打てるように、トスの高さは「あなたの身長」くらい高く上げる。でしたね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考記事

【テニス初心者必見】サーブのトスを上げる高さは、どのくらい?

2018.02.01

 

ですが、いくら「ため」があってもそれが理にかなっていないと、良いサーブは打てません。

 

そこで初心者のために、トロフィーポジションを作るうえでまず最初に大切にしてほしい2つのポイントを考えました。

 

その2つはこちら!

 

  • 体をターン(回転)、ひねっておく。
  • 肘を高く、肩を上げる。

 

です。

 

詳しく見ていきましょう!

トロフィーポジションでかっこ良くサーブを打つポイント、その1:体をターン(回転)しておく。

トロフィーポジション、1つ目のポイントは、

 

体をターン、ひねっておく!

 

サーブはコンチネンタルグリップで持っていれば体の回転動作で打つことが出来ます。

 

参考記事

【テニス初心者から初級者へ!】サーブのグリップ。なぜコンチネンタルグリップで持った方が良いのか?回転のかけ方も紹介!

2018.01.25

 

サーブは相手の打ってくるボールに影響されることはない。

 

せっかくなので、めいっぱい体をターンして、回転動作でサーブを打ちましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早いサーブ、キレのあるサーブ、回転のかかったサーブなどなど、いろいろなサーブが打てるようになります。

 

トロフィーポジションでかっこ良くサーブを打つ2つのこと。その2:肘を高くあげる。

トロフィーポジションの2つ目のポイントは

 

肘を高く上げる。(肩を上げておく。)

 

ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

肘を高く上げることにより、肩を使った良いサーブを打てるようになります。

 

肘が低く、肩が下がってこんなに小さくなっていると良いサーブは打てません。

 

 

 

 

 

 

 

 

トロフィーポジション。肘をどのくらい上げるか。

自分の肩くらいには上げておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

自分では見えないところなので、誰かに見てもらう事をおすすめします。

 

意外と下がっていることが多いので^^

 

肩を上げる高さの基準

 

サーブのトロフィーポジションでは、「脇90℃、肘90℃」のこの形が作れると良いです。

 

 

 

 

 

 

 

1つの基準にしてみてください。

 

まとめ

トロフィーポジションを作るうえで、まず最初に意識したい。

 

とても大切な2つのポイントは、

 

  • 体をターン(回転)、ひねっておく。
  • 肘を高くして、肩を上げる。

 

です。

 

ためを作って良いサーブを打てるようにしておきましょう!

 

テニスコーチの永田でした。失礼します^^

 


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。