テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【テニス】迷惑にならない為に戦術の基本を確認しよう!ダブルス編

こんばんは!テニスインストラクターの永田修一です。

テニスを続けていると自分より上手なメンバーに誘われて試合練習をする。

あなたと同じ位とか引っ張っていける人だと大丈夫ですが上手な人とやる時に緊張しちゃう。

迷惑にならないようにダブルスの試合練習の時に迷惑にならないように戦術の基本を確認しましょう。

 

雁行陣・平衡陣かかわらずすべての基本をおさえる

後衛の役目

基本ダブルスは「後衛 対 後衛」のクロスのラリー。

少し語弊があります。正確には前衛に捕まらないようにながら戦う。

ここであなたがミスばかりするようだと仲間の前衛は何もできない。

「後衛 対 後衛」は決められない。決めるのは前衛。

よって後衛の人は無理やり打つストレートが決まるのは、相手がポーチやセンター意識しすぎているときだけ。

これは平衡陣でも一緒。

だからもしあなたが後衛だったら

 

  1. ミスしない
  2. 前衛につかまらない

 

これだけできれば全然迷惑かからない。むしろ相当強い。あとは上手な人が何とかしてくれます。

出来なくても良いので大事なのことは、クロスじゃないコースにショットを無理に打って、ミスしたりしてパートナーに嫌がられないこと。

打つ理由があれば全然大丈夫ですよ。

 

前衛の役目

まずは簡単にストレートを抜かれないように心がけましょう。

あなたがストレートを抜かれるとパートナーは何もできません。さすがにパートナーも追いつけない。

逆にセンターのとれそうでとれないところは、気になると思いますがパートナーがカバーできるから大丈夫。

大事なのはストレートを抜かれないこと!

これは絶対です。

また、ポーチも無理して出ない大丈夫。でもたまにはポーチに出る。としておきましょうか。

出来れば決めるとこ決めます。

 

あきらめないで一所懸命に走る

戦術とはずれちゃいますが、これもかなり大事です。

やっぱ簡単にあきめられちゃうと「いやもっと走ろうよ、なんであきらめちゃうの?」ってなっちゃうので。

逆によく走ると「頑張ってる!ナイスラン!」となります。とても好印象です。

上手な人は沢山走ると意外と追いつくことも知っているので。

あと何より自分も楽しい。一所懸命に頑張って走る事はかっこ悪いことじゃない、むしろ楽しいことです。

 

まとめ

決められなくても良い、沢山走って前衛につかまらずラリーをする!

全然緊張しないで大丈夫です。楽しく自分がテニスできる環境を探していきましょう。

テニスコーチの永田でした。それでは。


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。