テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【テニスの戦術】ダブルスのストレートアタックの打ち時を考えよう!

こんばんは!テニスのインストラクターの永田修一です。

今日は大事なテニスのダブルスの戦術、ストレートアタックについて考えます。

ストレート抜けるとラリーしないで簡単にポイント取れるようになります。でもただ打ちたいときに打ってもストレートは決まらない。

そいえばコーチはやけにストレート抜くの上手くないか。と思ったことはありませんか。

テニスコーチはどんなことを考えて、どんな時にストレートを打っているのかを思いつく限りあげます。

是非実践でのアイデアにしてください。ではいきます。

いつ打つの?コーチは相手がポーチに動くとき見えてる?

永田コーチ
見えているときもあれば、見えていない時もあります。もしかしたらポーチに出てくるかもとゆう予測をしています。

やっぱり一番抜けるときは、相手がポーチに出てきたときに反対に打てたときです。

そのポーチをコーチは見えているか。ですが実はポーチ自体は見えてないことも多いです。

相手のポーチに出てくるタイミングはいつ?

一番はこれです!これがわかれば高確率でストレート抜けます。

相手がポーチに出てくるときがわかればストレートを抜ける。では「相手がポーチに出るタイミングはいつか」を考えましょう。

 

何回も何回もポーチに出ようとして出れないってゆう動きをしているとき。

これはすごく簡単な例。

何回も何回もポーチに出てこようとして追いつけてないので、次もポーチに出てこようしてると予測してストレートを抜きましょう。

 

センターに1stサーブが入った時。

ポーチ出やすいですよね。角度つきにくいし逆クロスにもなるし。

毎回センターに1stサーブ入ったらポーチ出てくるなー、って予測できる人にはストレートが抜けるかも知れません。

 

カウントが40-15などあと1ポイント、またはカウントでリードしているときなど

あと1ポイントでゲーム取れる、リードしてるからポイント落としても大丈夫。

など。「カウントで相手のポーチが予測できるとき」があります。

相手の性格も読みます。ゲームポイントでは積極的な性格か消極的な性格かでポーチに出てくるかを予測も可能。

 

打ちにくいボールを打つとき

これもポーチに出やすいですね。ローボレーとかバランスを崩しているときとか。

逆に打ちにくくてもストーレートに打ってみてください。抜ける可能性あり。

 

逆にポーチに出てこない時も考えておく。

ポーチに出てこない時にストレートアタックすると前衛につかまってしまいます。

生徒さんで多いケースで1つだけチェック。

 

外に追い出されたボールを打つとき

意外とストレート抜けそうな気がするのですが、もしあなただったらどうでしょう。

ポーチに出ますか?たぶんストレート守りますよね。ストレートは抜きにくいでしょう。

 

他にストレートを抜けるとき

相手がストレート考えてない時。ぼーっとしてるときとかももちろん抜けます。

これは書こうか迷ったのですが、わりとある事なので。

 

ストレートを抜けないかもだけどストレートに打つべき時がある

いわゆる威嚇ですね。そのポイントを失っても良いので打ちます。後々になって活きてクロスにプレッシャーなく打てるようになったりします。

以下に例をあげます。

 

相手がポーチに出たりフェイントしたりウロチョロと邪魔

も~即、打ちましょう。一度打てばポーチに出てこなくなることも多々あります。

 

試合の序盤に打つ

私はリターンの一発目に大体ストレート打ちます。これには訳がありまして

 

  1. 後々になってストレートに打つのはリスクが高く打てなくなる
  2. 一発目に打っとくとそのあとも気持ちが打ちやすい
  3. 威嚇になる

 

今回は特に1番です。試合が競ってくるとなかなか思い切って打てなくなってくるんですよね。

ストレートを事前に打っていたことによって相手はポーチに出にくく、自分もストレートに打つことができます。

 

自分でストレートを打つ状況を作り出す

最後はとても難しいこと。これが出来たら上級レベルです。

 

  1. 相手の前衛のとれそうでとれないところギリギリの真ん中センターに打つ。
  2. すると、「あ、真ん中取らないといけないのかな」って意識が出てセンターに意識がよる。
  3. そこを狙ってストレートアタック

 

かなり使います。センターセオリーも使うことになるので。是非トライしてみてください。

 

さいごに

ストレートに打って取られるかもしれないと思って躊躇するかもしれませんが、ちゃんと考えがあるなら大丈夫。取られたとしても次があります。

ダブルスはシングルスよりもギャンブルに近いので、ストレート打って取られたら取られたで切り替えましょう。

思い切って打てるくらいがダブルスは強くなります。

テニス楽しみましょう!テニスコーチの永田でした。それでは^^

 

さいごのさいごに

すいません本当の最後です!w

こちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

【ダブルス】思い切ってストレートを打つために。打った後のポジションを3分でチェック!

 


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。