テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【上達のコツ】テニスで大切な打てる範囲と角度とは

こんにちは!テニスインストラクターの永田修一です。

「ボールを深く~」とよく言われますが、そもそもなぜ深く打つのでしょうか?深いボールは攻撃的だからでしょうか?

ショートクロスなど角度をつけて攻撃したりすることもあるので、深いボールが攻撃的とは一概にはいえません。ボールを深いボールを打つことは相手の打つポジションなどを考えると、むしろ攻撃されないとためにあります。

浅いボールを返球すると攻撃されます。

今日は打つポジションで攻撃的できる範囲も変わる、いろいろなポジションと打てる角度や範囲についてみていきましょう。

 

打つときのポジションで攻撃できる範囲が全然違う

むやみやたらに攻撃して逆になぜかやられる。。

あなたはこんな経験ありませんか?

テニスには攻撃しやすい場所があります。それは「前」と「ワイド」から打つときです。テニス戦術の大事な要素なので詳しく見ていきましょう。

 

後ろより前で打った方が攻撃的

テニスは後ろから打つよりも前で打った方が「角度がつけやすく攻撃的」です。

後ろから打つときは角度がつけにくく攻撃しにくい。ただ沢山走って取れたりするので良い悪いではなく守備的」です。

 

逆に前から打つときは幅広く角度をつけやすいので「攻撃的」になります。

 

じゃあ前に出たほうが、プレッシャーかかるし前にどんどん出てった方がいいじゃん!
と、ジュニアにも一般の方にも多いこの考えは間違いではないんですけど、パスを抜かれたりするので一概にはそうとは言えないんです。

でも後ろからむやみに攻撃するよりは合理的かも?ですね。テニスは奥が深く一概に言えず「使いよう」なんです。

 

センターよりワイドから打った方が攻撃的

もう1つセンターよりはワイドからのほうが角度をつけやすいです。

センターから打つよりも…

 

ワイドから打った方が角度をつけられます。

 

ワイドから角度をつけたほうが次にオープンコートもできて、攻撃的ですね。

 

例えばシングルスで、相手のボールが攻撃的でワイドに打ってきたらセンターに打って一度守備をする。

ダブルスでは、むやみにワイドに打ってきたら切り返して攻撃的に角度つけてみたり。

 

などいろんな使い方があります。

 

まとめ

守備しやすいのは「センターから」と「後ろ」

攻撃しやすいのは「ワイドから」と「前」。

テニスはパワーだけのスポーツではなく、コースや戦術も勝つためには必要です。運動神経がなくても相手より技術的に劣っていても、戦術面でなんとかなるスポーツです。

いろいろ試してテニス楽しんでいきましょう、失敗しても良いので遊び心を持っていろいろ試してみましょう!

 

私の持っている知識があなたのためになれたら、とても嬉しいです。質問要望なんでもご連絡ください。

テニスコーチの永田でした。それでは失礼します。


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。