テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【テニスのマナー】覚えておいて損はなし!ボールの渡し方!

こんばんは!テニスインストラクターの永田修一です。

夏も近づき、暑くなってきました。ってかもう夏!(;^ω^)

熱中症も十分に対策して、ケガなくテニスしてくださいね^^

 

今日はボールの渡し方を覚えます。

テニスのポイントが一度終わり、次のサーブを打つ人にボールを渡すときの渡し方、

覚えておいて損はなしです!

 

ボールの渡し方

いくつかの大事なポイントと例外がこちら↓↓

相手の胸元に1バウンドで取りやすいように、優しく送球する。

これを基本にして考えます。

ボールを渡すときにスコーン!って打って渡すのはNG

ボール感がない人には取るのが大変でちょっと厳しいです。優しくボールを送りましょう。

あと怒ってんのかなー?と感じることもあります。

また、

ボールをころころと転がしてボールを渡すのもNG

一見優しそうですけど、ご老体の方や、ケガしてる人は膝曲げたりするのが大変な時があります。

1バウンドで立ったままキャッチ出来るように渡してあげましょう!

 

基本は、ラケット打たず上投げ

この動画では1分20秒あたりから、わかりやすいです。

ラケットよりも手で投げましょう。

下投げよりも上投げのほうがマナー良いです。

 

近いときは手渡し

喋るくらい近いときは手渡しで大丈夫です。わざわざ投げないでも大丈夫です.

相手がラケット出したらラケットに、手出したら手に、そこは相手次第でOKです。

手渡しできたらとても優しい!

 

例外、相手がベースラインにいて、自分もベースラインにいる場合

この場合はラケットで打って渡します。

結構難しいのでボールがどっかいっちゃったら、気持ちでカバーしましょう!

「すいませーん!」とフォローすれば大丈夫です!気持ちが大事です!(笑)

 

その他

あと少しだけ!

渡す順番

二人同時に渡すと「二兎を追う者は一兎をも得ず」状態になるので、

渡す順番は遠い人から渡しましょう。

声掛け

ボールを渡す前に「ボール行きまーす!」って言う良いです^^

見てない心配もなしです!

 

さいごに

まずはこれだけ押さえればOK!

テニスには安全に気持ちよくプレーするためのマナーが沢山ある

ので、適当に覚えていきましょう!

あなたのテニスライフが楽しいものになりますように!

それでは!


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。