テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

30秒で読める!ダブルスの前衛。前見てる?

こんばんは!テニスコーチの永田修一です。

前衛の目線についてです。もしかしてパートナー見てたりしてませんか?

基本は前を見ていて相手の動きでどんな状況下かを判断します。

慣れると意外と簡単なので、是非試してみてください。

とにかく基本は前を見て!

パートナー見て→前見て→パートナー見て→前見て。さらにはポーチに出る。

これは忙しい。早いボールに全然ついていけません。前をみて判断出来たら、それだけ反応も早くなりますし余裕も出ます。

どんな時に後ろを見るか

パートナーのバランスが崩れるかどうかチェックする時だけ後ろを見る。判断出来たらすぐに前を見て対処しよう。

感覚的には「大丈夫かー?」って思ったらチェックする感じ。

例えばパートナーがしっかり打てそうだったら前、バランス崩していたら後ろなどの対処をします。バランスよく打てそうなボールは良いところに打ってくれると信じて前をみていましょう!

 

パートナーと相手のストローク合戦。どこを見ているか。

パートナーが打つとき

パートナーが打つ場合は相手の前衛を見ています。

もし何も動作なかったらスルー、振りかぶったら打ってくる可能性大。

 

ボールが相手の前衛を通り抜けたら

 

前衛はボール取らないなって思ったら目線を後衛に移しましょう。

 

まとめ

前衛のネットプレーヤーは相手(前)を見て戦いましょう!

相方を信じて早いボールについていきましょう!

簡単なので是非試してみて下さい。

いつも読んで頂き有難うございます^^テニスコーチの永田でした。


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。