テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【超重要!】テニスコーチが教える雁行陣の戦い方のコツ!ダブルス

こんにちは。テニスインストラクターの永田修一です。

テニスの戦い方の中でも、雁行陣は基本的な戦い方になります。「ベースラインで戦うストローカー」と「ネット前で戦うボレーヤー」ではっきり分かれ、攻守の役割もわかりやすく分かれています。

全ての戦い方に通じていきますので雁行陣はしっかりマスターしておきましょう。

 

雁行陣の名前の由来は、鳥の雁が斜めに編隊を組んで飛ぶ形からそう呼ばれるそうです。

 

 ベースラインで戦うストローカーの役目(後衛)

テニスの始めたては、雁行陣のストローカーが一番落ち着くポジションかもしれません。このストローカーがラリー出来ないようだとテニスになりません。

テニスのレベルが上がるとこのストローカーがとても難しく大変になってきますが、テニスのあらゆる陣形の基本をおさえるためにここで戦い方を覚えることは必須です。詳しく見ていきましょう。

 

ダブルスのストローカーはアシスト役

雁行陣では基本的にストローカーはサポート役で、ボレーヤー(前衛)の「決め」をアシストします。

後方にいるストローカーがすぐミスをするようだと前衛のボレーヤーは何もできません。ダブルスは2人で1組。基本的には前衛にいるボレーヤーの女房役として戦いましょう。

 

相手の前衛に当たらないように

次に大事なことは相手の前衛にいる人にあたらないこと。テニスではネットに近ければ近いほど攻撃的で決めやすいです。

2人いる相手の前衛につかまる事は決められることになります。相手の前衛の方向に打つときはそれだけの覚悟と責任を自覚しましょう。 

 

基本的に、後ろの人に打っておけば問題なしです!

 

ネット前で戦うボレーヤーの役目(前衛、ネットプレーヤー)

花のあるポジションで「前衛にいるネットプレーヤーが強いとダブルスは強い。」と言われるほど重要です。

手を出すことに最初は躊躇してしまうかもしれませんが、思い切ってプレーすることもネットプレーヤーは時に重要です。

 

ネットプレーヤーは決め役

雁行陣でネットプレーヤーは決め役です。決められるとしまりが出て相手にプレッシャーがかかります。

まずは自分のところにきたボールを決めていきましょう。こわかったら無理してポーチに出ることはなく、後ろにいるストローカーにまかせるのもありです!

 

重要なのは決める方向

前にいるのでストローカーよりも決めやすいですが、打つ方向が悪いとボレーが決まりません。

 

後ろにいるストローカーに打つと走って取られてしまうので決まりません。

前にいる前衛の方向を狙います。

注意…決まる時は前衛、決まらない時は後衛に返球でもよし(詳しくはまた別の機会で

 

ストレートを守ることも大事。一番大事かも

センターはパートナーのストローカーが取ってくれますが、ストレートはさすがに取れません。

ストレートは自分で守りましょう。

基本的にセンターよりストレートは常に打ってくると思って準備しておきましょう。

ストレートを守りつつ決めるところは決める。

前衛は楽しいもんです。自信を持ちましょう。

 

まとめ

ストローカーの役目

ミスなく相手の前衛につかまらないようにラリーをする。あとはパートナーが何とかしてくれる。

ボレーヤー(前衛)の役目

仲間のストローカーが作ってくれたチャンスを決める。尚、相手のストレートアタックを簡単に抜かせない。

 

さいごに

テニスを楽しむことを忘れずに!

本当の本当に一番大事なことです!もちろんテニスの上達にも楽しむことが大事です。忘れやすいことなのでときどき思い出してくださいね!

テニスコーチの永田でした。

以下、さいごに雁行陣のすごーくわかりやすい簡単な図を貼っておきます。是非参考にしてください。それでは。

 


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。