テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【テニス】ダブルスでのロブの使い方。セオリー無視のクロスロブまで!?

おはようございます!テニスコーチの永田修一です。

 

ダブルスでのロブの使い方を考えてみます。

どこにロブを打ちますか?

やはり基本の前衛の上を抜くストレートロブでしょうか?

 

あえて今回は、「ストレートではなくクロスに上げるロブ」をあげてみます。

基本のセオリーは無視していますが「抜けたら決まる!」ショットです。

 

ダブルスのロブ 基本のセオリー

先にざっとセオリー通りのロブと使い方を説明しておきますね。ロブをストレートにあげた場合と、クロスにあげた場合を考えます。

基本のセオリー ストレートロブの場合

相手の陣形が雁行陣でも平行陣でも、前衛に捕まらないようにストレートのロブは打ちますね。

 

基本のセオリー クロスロブの場合

対戦相手が雁行陣

クロスにロブを上げる場合は相手が雁行陣だと、ボレーカットされて前に出られる可能性はあります。

あえてボレーカットされやすいクロスに、ロブを上げる必要があるかどうか。は考えてテニスをする必要があります。

難しいので、今回は無視して次に進みましょう!

 

対戦相手が平行陣

問題は相手の陣形が平行陣の場合です。

平行陣の相手にクロスのロブを打つと、基本はスマッシュ打たれます。しかも前衛より後ろにいるので簡単に取られやすい。

わざわざ後ろにいる人にロブを上げますか?

スマッシュ打たれちゃいますね(笑)

 

今回はそれでもロブをクロスに打ってみる!そのメリットを考えてみます。

 

クロスにロブを上げた場合 抜けたら決まる?

どう考えても、特に相手が平行陣の場合はスマッシュ打たれちゃうので、クロスにロブを上げないほうが良いですよね。

でも相手の陣形が崩れている場合もあるし、相手がロブを意識してない場合があります。

そんなときはストレートよりはクロスが決まりやすいです。

詳しく見ていきましょう^^

 

ストレートにロブを上げた場合 相手もカバーしやすい

ストレートにロブを上げて抜けたとしても、カバーしやすい。

セオリー的にはストレートにロブを上げてラリーになること自体は、悪いわけではありません。

 

クロスにロブを上げた場合 相手はカバーできない

ストレートにロブを上げるとカバーしてきますが、クロスのロブが抜けるとカバーしにくいです。

 

凄く取りにくいんです。抜けたら決まるでしょう!

 

ボールがストレートロブの時よりどんどん逃げていきます。

次にどんな場合にクロスのロブが抜きやすいか考えてみましょう!

クロスロブが決まるパターン3選!

どんな場合にクロスのロブが決まるでしょうか。

考えられるパターンの中から、よくあるパターンを3つ選びました!

 

  1. ロブを考えてない場合、ロブが嫌い。
  2. 平行陣で陣形が崩れている場合。
  3. ストレートのロブを上げられたあと。

 

1、相手がロブを考えていない、ロブが嫌い。

ロブが好きではなく、苦手意識が悪いと反応が悪かったりもします。

また考えてない場合もあるでしょう。

もしかしたら抜けるかも?試してみる価値はありそうです。

カットされてもラリーはつながりますし、女性だったら最悪スマッシュ打たれても頑張ったら取れるかも!?

 

2、平行陣で陣形が崩れている場合

平行陣で陣形が崩れている場合があります。

例えばアプローチ打った後どんどん打って前にきちゃったり、「決めよう。決めよう。」と意識しすぎて前にきすぎて陣形崩れてる場合など。

男性やジュニアに多く、平行陣を練習しはじめた方にも多いです。相手をよく見て対処しましょう!

 

3、ストレートのロブを上げられた後

相手にストレートのロブを上げられたら、どんな陣形になりますか?

これはクロスロブのチャンス!(笑)

是非試してみましょう!

まとめ

いかがでしたか?セオリーを無視したクロスロブ。抜ける相手には使ってみましょう!

ただし1つだけ注意点が、「クロスロブを上げて、決まるようなスマッシュ打たれたら多用しない。」抜こう抜こうと頑張らないようにしましょう。

もともとセオリー通りではないですからね(笑)

 

テニスは楽しく自由に考えていきましょう!

テニスコーチの永田でした!それでは失礼します^^


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。