テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【テニス】ダブルスのセンターセオリーとは?

こんばんは!テニスインストラクターの永田修一です。

センターセオリーという言葉をあなたは知っていますか?

センターセオリーとは言葉のとおりセンターに打つことで、「迷ったらセンター」とゆう言葉があるほどダブルスの基本となるセオリーで、覚えておいて損はなしです。

はじめてセンターセオリーを知るかたのために、センターセオリーのメリットを簡単に説明させていただきます。

 

相手の返球するコースの角度がつきにくい(守備範囲が狭まる)

まずセンターに打った場合、相手から返球されるボールのコースの範囲が狭まることを理解します。

図で説明します。

センターにボールを打つと相手のボールのコースは、

と、なります。

ワイドに打つと、ストレートとワイドに切り返される可能性があり、

と、この画像では入りきらなかったのですが、角度つけられて単純に守る範囲が広がります。

ストローカーにとって、センターに打ったボールの守備範囲は狭くなります

 

センターに打つと前衛がポーチに出やすい

ダブルスでは前衛がポーチに出る。そのプレッシャーでポイントを取ることも大事です。センターに打ったボールは前衛もポーチに出やすいです。

その理由は二つ。

ワイドに打つと前衛はストレートを守らなければいけない。

ワイドからのボールは相手もストレートに打ちやすく、前衛はストレートを抜かれてはいけない役目があるのでストレートを守ります。ポーチに出るためのポジションからも遠くなるため、ポーチに出にくくなります。

 

センターに打つと相手が逆クロスに打つため、ポーチに出やすい

センターに打つと相手は逆クロスに打つためポーチに出やすくなります。逆クロスで打つストロークはスピンをかけるのが難しいので浮いてくるなど、ポーチ出やすいです。

 

注意…あくまで基本なのでストレート打ってくる人にはストレートを守って対応してください。

まとめ

後衛のの守備にも前衛の攻撃にも有効な「センターセオリー」。

ダブルスの基本中の基本なのでしっかりと押さえておきましょう。

質問等ありましたら、なんでもお気軽にお問い合わせください。テニスコーチの永田でした。それでは失礼します。

 


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。