テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

テニス強くなるために。一度読んでみてくれない?ジュニアのみんな!

こんばんは。テニスのインストラクターをしている、永田修一です。

ジュニアのみんなからみたら、おじさん。だけどテニスそこそこ上手い人です。

 

この前試合の後、彼女に電話で

俺「こんな風に高校生の時に考えられていたら、もっとテニス強くなってたのにな~」

って言ったら

彼女「そんな風に高校生のころから考えられる人が上手になるし、世界にいくんだよ」

って言われた。

 

その「そんな風、こんな風」を今回伝えたいと思います。世界は大袈裟かも知れないけどw

 

テニスで勝った負けたってそんなに大事?

いやそりゃ勝った負けたは大事でしょ。テニスは勝ち負けのスポーツなんだから。

 

なんか負けたくない相手とかいるよね。ライバル的な。

試合でもそう初戦負けとか、優勝逃したときとかほんと悔しい。

 

なんか言い訳もしたくなるし。自分かっこ悪いかな~とか思っちゃうかも。だけどそんなの本当にどうでもいい。

大事なことは、

 

「試合を振り替えってでた課題を練習して、強くなる」

 

これ!当たり前だけど結構難しい。

 

テニスは負けたら落ちこむもの

そうゆうもんだから。落ち込むなってゆうわけじゃないんだけど、そのままにしないで。

ってねー、ゆうのは簡単なんだわ。

 

負けたら、

 

  • 「テニスつまんね。」
  • 「あーあー残念だったな~。」
  • 「ふう萎えるわ~」

 

って思うよね。

 

別に思ってもいいんだよ。自分の感情に嘘つかなくていい。

でもテニス強くなりたかったらそのままにしないで。

テニスって感情的になるスポーツだから、落ち着いて考えてみて。これが大人でもできないから。

 

テニスの試合に負けてもどうでもいい?

テニスの試合なんてどうでもいいでしょ。そうでも思わないと何試合も出てられない。何回も試合に出てるとつまんなくなる。

いいんだよライバルに負けても。まわりのみんなはなんとも思わないよ。「あーA君が勝ったんだ~、へ~」くらいかな。2017年ウィンブルドン一回戦だってどうでもいいじゃん。

試合ってのはなんだろ、緊張もするし負けるのやだけど、

 

やってみて次の課題探す」

 

そん位の心構えでいいんじゃない?

 

先生やコーチのゆうこと(テニスのアドバイス)

君の先生やコーチは教えてくれるかな?

あんまりテニスのアドバイスを君は受け入れられないかな?

まぁそれでもいいんじゃない?とも思うけど。先生やコーチも完璧じゃないしさ。

でも考えてみて。

コーチは君の事を下手にしようとはしない。

わざわざ下手にはしない。

でも先生やコーチのアドバイスも正しいかわからないから、やって欲しいことは

「大人のアドバイスはとりあえずやってみて、自分で判断する」

ってゆうのはどうかな。

 

テニスが上手くなるかならないかは自分次第!

コーチや先生が良くて上手になるんだったら、みんな上手になってるはず。

最終的には自分で考えてみよう!頑張って!

 

まとめ

試合は強くなるチャンス!負けてもテニス楽しみましょう!

僕(ながた)は学生時代できなかったことを、これを読んでくれた君ができるようになって、テニス強くなる手助けになりたいだけです!

質問コメントなんでも待っています。もちろんテニスの質問OKです!

テニスコーチの永田でした!それでは。


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。