テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【テニス初心者必見!】ボレーの準備!これさえ出来ればボレーは打てる!

こんにちは!テニスコーチの永田修一です!

 

ブログって難しいです。

テニスではポイントを失ったり、勝敗が決まる。

 

ブログは良いのか悪いのかわからなくても、投稿できちゃう。

テニスとはまた違った難しさがあります。

 

テニスも難しい面はありますけれど!

ブログはテニスに比べてまだまだわかってないな~と思うことが沢山あります。

 

こんなふうになんでもテニスに照らし合わせて考えちゃうくらい、ぼくはテニス好き(笑)

 

実はそんな僕のブログを見て教えてくれる先生がいます。

 

ボレーの初心者のうちから意識しておいてほしい超基本!を2つ記事にし、チェックしてもらいました。

【テニス初心者必見】ボレーの超基本!その2:変な癖がつく前に☆もう1つのチェックポイント!

2018.02.28

【テニス初心者必見】ボレーの超基本!その1:踏み込む足は「右足」「左足」どっちがいいのか完全解説!

2018.02.18

 

そこで、こんな意見を頂きました。

 

ボレーを打つときの踏み込み、打ち方もいいけど、飛んできたボールに対してどう動くのかも知りたい。

また次のブログでしょうか?^^

 

なるほど、

 

「ボレーの時のボールへの入り方、準備」

 

ですね!

 

「テニスは動いて準備しておくこと」

 

がとても大事。

 

最初から打つとこにいる、野球やゴルフと違って動いて準備しなければならない。

 

逆に準備しておけば、テニスは面が大きいので後は打つだけ!

 

今回は、

 

「ボレーの時のボールへの入り方、動き方」

 

を見ていきましょう!^^

 

*この記事は右利きの人用に書いてあります。

 

ボレーを打つときの事前の準備!

さてボレーの準備をみていきましょう!

 

フォアボレーは打つときにタイミングよく左足を踏み込みます。

参考記事

【テニス初心者必見】ボレーの超基本!その2:変な癖がつく前に☆もう1つのチェックポイント!

2018.02.28

【テニス初心者必見】ボレーの超基本!その1:踏み込む足は「右足」「左足」どっちがいいのか完全解説!

2018.02.18

 

そこで踏み込むためのボレーの待ち方です。

 

打つ前に、この形を作っておけばOK!

大事なことは右側で打つなら右足がでているということ。

 

左足が出ていると”踏み込むためのもう一歩”が出ません。

 

あとはタイミング足を出して打つだけ!

 

ボールへの入り方

実際にボールを打ってみましょう!

 

相手が打つ前の構え。

 

ボールが体の正面にきたら

 

体をづらして、準備します。

 

あとは打つだけ。

 

逆に少し遠いところボールが来たら。

 

動いて、この形

 

そして打つだけ。

 

 

 

まとめ

ボレーが飛んで来たら、打つ前にこの形になるように動いて、

 

タイミングよく踏み込めるようにしましょう^^

 

テニスは走って準備することが、他のスポーツと比べてちょっと特殊。

 

面はでかいので動いて準備さえできれば打てます!

 

積極的に動いて準備して、ボレーも好きになっていきましょう!

 

ボレーでバシッと決まると、ゲームもしまるし、とても気持ちいいですよ!^^

 

テニスコーチの永田でした!失礼します^^


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。