テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【テニス初心者必見】ボレーの超基本!その2:変な癖がつく前に☆もう1つのチェックポイント!

こんにちは!

テニスコーチの永田修一です。

 

ボレーが上手く打てなくて困っていませんか?

 

最初は打てなくても、そんなに気にしないで^^

 

今回は変な癖がつく前にボレーを初心者の内から意識しておいて欲しいボレーの”超基本その2”です

 

その1の【テニス初心者必見】ボレーの超基本!その1:踏み込む足は「右足」「左足」どっちがいいのか完全解説!はコチラ!

【テニス初心者必見】ボレーの超基本!その1:踏み込む足は「右足」「左足」どっちがいいのか完全解説!

2018.02.18

 

その1のーでは、踏み込む足は右足か左足かどちら?というお話でしたが、

 

今回は、ボレーの時の足を踏み込むタイミング!です。

 

今期(2ヶ月間)のテニススクールのレッスンのテーマはネットプレーでした。

 

今期、ボレーのフォームで教えたのは踏み込む足とそのタイミングだけ!

 

それくらい重要です!

 

逆にこれが出来れボレーはどんどん上手になります!

 

その理由を解説します!

 

ボレーの踏み込む足のタイミングは打つとき。

ボレーの踏み込む足のタイミング打つときちょうどです。

 

文字だとわかりにくいので、下の写真を見てください。

 

ボールを打つときにタイミングよく足を出す。

 

そうすることで体重移動がうまくできて、コンパクトなボレーになっていきます。

 

先に足をついてしまうと、どうしても大きくラケットを振ってしまうんですね。

 

ボレーで踏み込む足を足を先についた時のデメリット。

先に足をついてからボレーを打つと次のようなデメリットがあります。それは

 

  • ラケットのテイクバックが大きくなりやすい。
  • ボールの緩急に対応できない。

 

という事。

遅いボールだけなら良いけど、急に早くきた時に対応できない。

 

足を先についてしまうとボールを飛ばすためにラケットを大きく引いてしまいます。

 

逆に早いボールばかりだったのに、急に遅いボールがくると

 

と、バランスが崩れてしまいます。

 

 

まとめ

ボレーはタイミングよく踏み込むことで、

 

コンパクトなスイングになったり、色んなボールに打つタイミングを合わせることが出来るようになります。

 

ボレーが上手いとダブルス巧者ともいわれます。

 

ジュニアとかフォームが綺麗ないわゆる上手な人にもダブルスで勝てるようになりますよ!

 

これはダブルスのおもしろいところでもあります!

 

ボレーも好きになってください!w

 

楽しんで練習していきましょう!^^

 

テニスコーチの永田でした!失礼します^^


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。