テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【テニス初心者必見】ボレーの超基本!その1:踏み込む足は「右足」「左足」どっちがいいのか完全解説!

おはようございます!テニスコーチの永田修一です!

 

テニスでダブルスをするにあたり、超大切なショットがあります。

 

それはずばり、ボレーです。

 

もちろんサーブストロークも大事ですが、ダブルスはボレー!と言われるほど。

 

これを聞いてゲッと思った人もいるかも知れませんね。

 

あなたはボレー嫌いですか?

 

でも安心してください。

 

最初は皆さんだいたいボレーが嫌いです。

 

その理由、最初はボレーを打つことが少ないから。

 

最初のうちはボレーを打たなくてもなんとかなりますけどね。

 

ただ最低限の技術は習得しておきましょう。

 

変な癖をつけてしまうと後で直すのが大変です。

 

そこで今回はボレー基本中の基本”踏み込む足とその方向”について書いていきます。

 

このボレーの時の踏み込み足が良いと、自然とボレーが上手になっていくし、悪いと自然とボレーが下手になっていきます。

 

それはなぜか?

 

詳しくみていきましょう!

 

テニス「超」基本!ボレーの踏み込む足は「右足」「左足」どっち?

テニスをやっていて手(上半身)は意識できるけれど、足(下半身)は意識しにくいと思ったことはありませんか?

 

足(下半身)のフットワークは後で直そうと思っても、直しにくいので初心者のうちからチェックしておきましょう!

 

ボレーは基本的にスライス回転をかけるものです。

 

踏み込む足によって、スライス回転をかけやすくなるかどうかが決まります。

 

という事で問題です。

 

例えば、あなたが右利きの場合。

 

フォアボレーを打つときに踏み込む足は、「右足」か「左足」か、どちらの足を踏み込みますか?

 

シンキングタイム終了~!

 

正解は左足!でした!

 

 

バックボレーは逆の右足です。

はい。

 

ここで大事なことは踏み込む足によって、上半身の横向きを作りやすくする。ということです。

 

もう少し詳しく!踏み込む足の方向もチェックしてみて!

フォアボレー踏み込む足は左足。

 

でもこれでいいの?

かっこわるい。。

 

正面からのほうがわかりやすいかも。

 

体が開いてしまいます。正面むいてしまう。

 

なので踏み込む足はただ前だと、

体が開いてしまうので。(正面を向いてしまうので)

 

ややこの黄色い矢印の方向に出します。

 

バックはこっち

これにより横向きを作ることが出来ます

 

後ろからの方がわかりやすいかな?

 

フォアボレーの場合

 

バックボレーの場合

体重移動して欲しいので前には出します。

 

ただ前ではなくやや横、矢印の方向に出しましょう!

 

まとめ

右利きフォアボレーの場合。

 

踏み込む足は「左足」

 

 

 

 

そして少し横。矢印方向!

 

これにより体が回らず、横向きをキープしてボレーを打つことが出来るようになります。

 

横向きで打つので、嫌でもスライスがかかりやすくなります。

 

嫌でもボレーが上手になります!

 

今回の技術は超大事!です。

 

当たり前にしていきましょう!

 

テニスコーチの永田でした!失礼します^^

 


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。