テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【初心者のためのテニスのルール】点数の数え方を覚えよう!

テニスに慣れてサーブが入るようになってくると、集まったみんなで試合やゲーム練習しよう!となりますよね。

またテニススクールもレッスンの最後はゲーム練習をします。

 

そこで覚えておきたいのが

『点数の数え方』

です。

 

テニスは相手から取った点数を「1,2,3,4、5」といううように単純には数えていきません。

「15、30、40」というように数えていきます、少し複雑です。

またノーアドバンテージやタイブレークというゲーム形式があったりと、いろいろなゲームの形式があります。

 

今回はそんな様々なゲームの仕方とテニスで試合をするときに困らないように、テニスの点数の数え方を紹介していきます。

このブログを読んで絶対に覚えよう!と意気込まないでも大丈夫です。

少し覚えてテニスのゲーム練習を繰り返していけば、わりとすぐに覚えていくので軽い気持ちで読んでくださいね^^

 

テニスの点数の数え方:最初に試合の全体像を把握しよう!

 

それでは最初にテニスの点数を覚えると一緒に、テニスの試合はどうしたら勝ちなのか。

この先、点数の数え方をわかりやすく覚えるために、簡単に全体像を把握しましょう!

 

まずこの点数という言葉テニスではポイントといいます。

テニスはこのポイントを重ねていくスポーツです。

 

このポイントを4つ重ねるとゲームが取れます。

 

ゲームを6つ重ねるとセットが取れます。

 

セットを2つ重ねると試合に勝利!(*四大大会など大きい大会は3つの場合もある)

 

というようになります。

ただ、試合の進み方や性別によって多少の違いがあります。

「ポイントの数え方」詳しく見ていきましょう!

 

テニスの点数の数え方:ポイントを重ねてゲームを取るまで。

テニスはポイントを重ねていくスポーツです。

ゲームをするときにカウントを言わないと忘れてしまうので確認のためにも、サーブの人がカウントを言いましょう。

 

カウントは今のポイントは何対何なのか。のことです。

 

ご存知の通り、テニスはポイントの数え方が特殊です。

 

0ポイント、1ポイント,2ポイント,3ポイント,4ポイントとは数えずに、

0(ラブ,love)、15(フィフティーン,fifteen)、30(サーティ,thirty)、40(フォーティ,fourty)、ゲーム,game

 

と数えていきます。

 

 

ゲームはポイントを4つ重ねるとゲームが取れます。

最初の最初、試合が始まる時には「お願いします!」と言いましょう!

 

あとはゲームの進行に従って

例えば、

 

1たい0なら

15-0(フィフティーン、ラブ)

 

2たい0なら

30-0(サーティ、ラブ)

 

2たい1なら

30-15(サーティ、フィフティーン)

 

2たい2は

30-30(同じ点の場合はサーティ、サーティとはいわずサーティーオールと言います。例えば15-15はフィフティーンオール

 

3たい2なら

40ー30(フォーティ、サーティ)

 

もう1ポイント取るとゲーム

4たい2は

ゲームと言って1ゲーム終了です。

 

ちなみにカウントはサーブの人からの得点で数えます。

0たい15は

ラブ、フィフティーンです。

 

デュースとは?

0-0はラブオール

15-15はフィフティーンオール

30-30はサーティオール

ですが、

40-40の場合フォーティオールとは言わずデュースになります。

 

デュースになると2点連続で取ったらゲームを取れます。

 

もし1点取って、次に相手に取られた場合。

もう一度デュースに戻ります。

 

ちなみにこのデュース。

デュースからサーブを打つ人が1点取るとアドバンテージ・サーバー

レシーブを打つ人が取るとアドバンテージ・レシーバー

といいます。

 

テニスで難しいポイントの数え方はここまでです。

初心者はこの「ゲームを取るまでのカウントの数え方」を最初に覚えましょう!

 

おまけ:ついでに覚えよう!

この「デュース」と、その「アドバンテージ」。

サイドの名称になっています。

 

デュースのサイドは「デュースサイド」

 

アドバンテージサイドは略して「アドサイド」

 

といいます。

 

 

テニスの点数の数え方:ゲームを重ねてセットをとるまで。

ゲームの取り方を覚えたら、次はセットの取り方を覚えましょう!

実際に試合に出るようになると、始めのうちは1セット取ったら勝ちという試合方式になります。

 

ゲームを6つとると、1セットとされます。

ゲームのカウントの数え方は

3-2なら

ゲームスカウント、スリートゥートゥー(game’s count three to two)

 

3-3は

ゲームスカウント、スリーゲームスオール(game’s count three games all)

 

5-3なら

ゲームスカウント、ファイブトゥースリー(game’s count five to three)

 

6-3でセットを取ることになります。

尚、読み方言い方は、さんにーとかスリートゥーとかスリーオールとか略されることが多いです。

 

ちなみにこのセット。

5-5になると7ゲームを取らないとセットになりません。

つまり7-5もしくは7-6になるまでです。

 

タイブレークとは?

試合が均衡しているときに、決着を付けるスポーツ界の用語です。

テニスではゲームカウントが

5-5

6-5

6-6

お互いに6ゲームになった時にタイブレーク方式が行われます。

 

タイブレークとはいつまでも決着がつかない時に、公平にするための7ポイント先取のゲームです。

ちなみにタイブレークでも6-6になった場合は2点先取するまで、8-6になったり9-7になったりします。

 

タイブレークのルール

それではタイブレークのルール、ゲームの仕方を覚えましょう。

わかりやすくAさんとBさんとします。

 

まずAがデュースサイドからサーブを1ポイント打ちます。

 

終わったらBにサーブの権利が移り、アドサイドからサーブです。

 

次にまたBがデュースサイドからサーブを打ちます。

つまり2ポイントBはサーブを打つことになります。

 

2ポイント終わったらAサーブの権利が移ります。

Aは2ポイントサーブを打ちます。

 

アドサイドから

 

デュースサイド

 

次はBのサーブから2ポイント・・・

というように2ポイントごとに点を取り合い7点取ったらゲームです。

 

ダブルスの場合

ダブルスの時も考えてみましょう。

ダブルスでは、A1とA2のチームB1とB2のチームにします。

 

A1さんからサーブを打ったとします。(1ポイント目)

 

次はB1がアドサイドからサーブを打ちます。(2ポイント目)

 

デュースサイドから(3ポイント目)

 

次はA2のアドサイドからサーブと(4ポイント目)

 

デュースサイド。 (5ポイント目)

 

その次はB2のアドサイドからサーブ。(6ポイント目)

 

デュースサイドから(7ポイント目)

 

が終わりますと最初のA1からサーブで(8ポイント目)

 

最初に戻ります。(9ポイント目)

 

ダブルスの場合のタイブレークは結構複雑ですね。

ゆっくり覚えていきましょう^^

 

チェンジコートのタイミングはいつ?

 

テニスでは風や太陽の影響を受けることも多くあります。

ゲームを公平にするためにチェンジコートをします。

 

チェンジコートはお互いのゲームカウントを足したときに

「奇数」

になった時にします。

 

例えば、

1-0、2-3、5-2、6-3など、ゲームカウントを足すと奇数のときはチェンジコートです。

2-2、2-4、1-5、4-6など、ゲームカウントを足しても偶数のときはそのままのコートでプレー再開です。

 

タイブレークの時のチェンジコート

タイブレークの時のチェンジコートは、カウントが足して「6の倍数になったとき」です。

ゲームが進んでって1-5、2-4、3-3になったとき、また6-6もチェンジコートします。

 

いろいろなルールを覚えよう!

上記のゲームの数え方やタイブレークなどが基本ですが、試合の進行スピードを上げるためになど、いろいろなルールがあります。

 

ノーアドバンテージ方式

通称「ノーアド」。

40-40フォーティーオールはなくデュースでしたね。

でも「ルールはノーアドでやります。」と言われたら

40-40フォーティオールはデュースにならず、

次取った方の勝ちの一本勝負です。

 

ワンデュース

ワンデュースとはその名の通り

1回だけデュースします。

一回デュースしてまたデュースになったときは、ノーアドバンテージになります。

 

8ゲーム方式

通称「8ゲーム」もしくは「エイト」といいます。

セットを取るのに6ゲームのところ、8ゲーム取る事になります。

 

4ゲーム先取、6ゲーム先取など「〇〇先取」

6ゲーム先取とは

ゲームカウントが5-5になった場合、通常ですと7ゲーム取るまでですが、6ゲーム先取は次のゲームを取った方が勝ちです。

終わりかたが6-5もしくは5-6になります。

短いと4ゲーム先取の場合もあります。

 

おまけ~なんで15とか30とかの数字なの?~

お疲れさまでした^^

軽く見ておいて、ゲームをしながら徐々に覚えていきましょう。

しかし、なんで15とか30とか覚えにくいんでしょう。

1、2、3、4と普通に数えればわかりやすいのに。。

 

実はこれテニスの歴史が長すぎて正確なことは解明されていないのです。

いろんな説があります。

例えば、

 

・時計の文字盤が一周するのに合わせて15、30、40(45は省略して40)

・テニスの元となるスポーツが修道院で行われて、当時の修道院の生活時間が15分刻みだった。

 

など、時計や時間に関連して決められた説。

他には

 

・もともとは40ポイント取り合っていて、長すぎたから省略された説

 

もあります。

ぼくはこれと思っていました。

などなどいろいろな説があります。

謎があるとおもしろいですね^^

 

またサーティラブやフォーティラブの「ラブ」。

このラブにも色々な説があります。

 

1つは「卵」説。

フランス語で卵は「l’oeuf(ロエフ)」を意味します。

0が卵に似ていることからラブなんじゃないかという説。

イギリスでも0をeggと卵に意味づける考え方があります。

このフランス語の「ロエフ」が、英語になった時に言いやすく「ラブ」になったのではないかという説が1つ目の説。

 

2つ目の説は

英語のloveには、むかし愛とは別に“nothing(何も無い)”という意味があった。だからラブになったという説です。

なんかloveの方が素敵ですね^^

 

まとめ

カウントは覚えましょう!

テニスが上手になるとカウントによって、戦術も変わります。

テニスをプレーしながら覚えていけば、すぐに覚えられるので気軽に考えてくださいね。

 

カウント覚えた頃合いには戦術も気になるはず!

コチラの戦術の基本、雁行陣についてかかれた記事もおススメです!

【テニス上達のコツ】ダブルスの基本戦術「雁行陣」とは?

2018.05.11

 

テニスコーチの永田でした!失礼致します^^


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。