テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【テニスのダブルス】サーブの打つコースは基本的に○○に打つ!その3つの理由とは?

おはようございます。テニスコーチの永田です。

ダブルスのサーブとりあえず入れて試合になれば良いや。と思っていませんか?

すこし入るようになってきたらコースを狙って練習しましょう。なんとなくサービスを入れるよりもコースを狙って練習した方が精度も上がっていきます。

そして試合も優位に進めることが出来ます。良いこと沢山!

 

そこでタイトルの○○に入る言葉です、

それはずばりセンターです。

なぜセンターへのサーブが基本なのか。

その理由は3つ

 

  • パートナーがポーチに出やすい
  • リターンの角度がつきにくく、守備しやすい
  • リターンを逆クロスに打つことになるから難しい

 

今日はセンターへのサーブがなぜ有効なのかを考えていきます。

ダブルスではセンターへのサーブが有効な理由その1:パートナーがポーチに出やすい。

ダブルスではパートナーを活かして戦術を考えたほうが合理的です。

シングルスのように早いサーブを打ってエース!を取る!というイメージよりもダブルスではパートナーを活かしてポーチや前衛のプレッシャーでミスを誘いポイントを取ります。

そこでサーブをセンターに打つとパートナーが、相手がリターンを打つ前からセンターに寄ることが出来ます。

それだけセンターへのサーブはポーチに出やすい、クロスへのプレッシャーがかかることになります。

これがセンターにサーブを打つと有効な理由の1つ目です。

 

実はダブルスが上手な人はストロークでも相手前衛のポーチに出られないギリギリのコースを狙って「センター」に打ちます。

とはいっても前衛のプレッシャーも怖いですよね。

でもサーブなら前衛は手を出せないので大丈夫!

あなたのサーブでセンター狙ってパートナーを活かします。

 

ダブルスではセンターへのサーブが有効な理由その2:リターンの角度がつきにくい

テニスでの角度を考える、勝つためにとても重要な要素になります。

例えばワイドにサーブを打つと

 

相手の打つコースは広くなります。

それによってパートナーはストレートを守る事になりポーチは出れない。仲間は死に

 

またあなた自身も広いコースを守らないといけないことになります。

守るの大変、また相手にもポーチがないのでプレッシャーがかかりません。

守備の面から見てもセンターにサーブを打った方が守りやすく有効です。

 

ダブルスではセンターへのサーブが有効な理由その3:リターンが逆クロスになるため打ちにくい

リターンの立場から考えた場合、センターへのサーブのリターンはストレートに打った方が簡単、、だけど、

 

前衛にボレーで決められてしまいます。

前衛のいないクロスに打ちたいですが、ショット的に逆クロスになるためにリターンが難しくボールも浮きやすくなります。

センターに入れたところを逆クロス難しい、そこをポーチ!よくあるパターンです。

逆クロスが難しい理由はいくつかあります。

  • 当てるだけになりやすい
  • 体を沢山ひねらなければ満足に打てない
  • スピンかけにくい
  • 踏み込み足が難しい
  • などなど理由があります。まぁ難しいんだなくらいで考えておいて下さい。

 

テニスを継続することで段々わかってくるので、今は考えすぎないで大丈夫です。

相手の逆クロスになるセンター、沢山狙って試合を優位に進めましょう。

 

さいごに

ダブルスはセンターセオリー(センターに打つことが有効)、困ったらセンターに打てとも言われます。

センターのサーブには

 

  • パートナーがポーチに出やすい
  • リターンの角度がつきにくく、守備しやすい
  • リターンを逆クロスに打つことになるから難しい

 

というメリットがあります。

センターのボールをクロスにしっかり打つの難しいと相談に来る生徒さんは沢山います。

それだけセンターへのサーブは有効です。

センター狙っていきましょう!

失礼いたします^^


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。