テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【テニスのダブルス】これだけは覚えておきたい前衛の動き方

こんにちは!テニスコーチの永田修一です。

インターネットで検索したら「テニス ダブルス 前衛の動き方」で検索している人が多いようなので今回は

前衛の動き方を解説していきます。

 

前衛が動かないと次のようなことが起こります。

 

  • ポイントを取ることの出来ない前衛
  • 対戦相手にプレッシャーかからない、つまり対戦相手が気持ち良くプレーが出来る
  • 対戦相手の前衛に、先にポイントを取られる

 

ダブルスでは前衛が強いとそのペアは強いと言われるほど、前衛の動きは大切です。

前衛の動き方を覚えて

 

  • プレッシャーをかけて、対戦相手に気持ち良くプレーをさせない
  • チャンスは決めてポイントを取る!
  • 自分自身も迷わず気持ち良くプレーする

 

このようにダブルス出来たら格好いいですね!

それでは「ダブルスでの前衛の動き方」解説していきます。

【前衛の動き方】まずは基本の立ち位置からボールのいった方向に動く

まず前衛は決めないといけないので、基本的には前のココ。

相手のロブに対してスマッシュ打ちたいけれど、出来る限り前に立ちます。

基準を1つ作りましょう。

 

サービスボックスの真ん中から一方後ろ。

ここからまた少し動きます。

 

ここから相手が打つ前に一歩詰めます。

 

プレッシャーをかけます。

 

 

また後ろから見た時も、

ボールがセンターに行ったらセンターよりに一歩前。

 

ワイドにボールがいったらワイドよりに一歩前です。

 

その場で合わせて打つより一歩前に詰めて打ってたほうが攻撃的なボールなります。

 

ここまでできてこそ前衛!ポーチに出よう!

相手のバランスが崩れたらポーチに出ましょう!

ポーチにでて決めてくれるとパートナーは大変嬉しいです。

 

ロブの対処:スマッシュ打つか打たないか?

ロブが上がってきたら、基本的にスマッシュを自分で打ちます。

 

このロブの対処、スマッシュを打つか打たないかを次の3つの順番で考えます。

 

  1. 基本スマッシュを打つ
  2. 打てないならカットしてつなげる
  3. 取れないなら無理しないでパートナーにすぐ任せる

 

この3つをあたり前にします。

ロブが上がってきたらなるべく早く判断してください。

詳しく説明いきます。

 

スマッシュを打つ

基本はなんでもかんでも、ロブが上がってきたらスマッシュを打ちます。

スマッシュはその名の通り攻撃力抜群。スマッシュ打てないとのちのち決まりません。

上手になりたかったら、ミスを恐れず思い切って打ちましょう!

大丈夫!スマッシュはピンチじゃなくてチャンス!入ります^^

 

スマッシュ打てないならカットする

スマッシュは基本打つ!

けれど打てない時ありますよね。

そんなときは無理せずカットして一本つなげましょう。

 

もう一度体制を立て直してラリー開始です。

尚、落として打つと陣形が崩れるので

 

ボールを落とすくらいなら、なるべくカットします。

 

ここが難関?カットも出来ないならパートナーに任せる

生徒さんを見ているといつまでもロブを追いかけすぎてしまい、パートナーがカバーしてくれるのに邪魔になる。

これ結構多いです。

ロブに対して一瞬で判断しましょう。

なるべく早く判断してくれるとパートナーも動けるので助かります

 

ロブで裏をかかれたらすぐお願いする。

このくらいの感覚です。

 

前衛も守る!?少しだけ守り方を紹介

最後に少しだけ守り方を紹介します。

少しだけというのは守ることをメインにして欲しくないから。

やはり前衛は決める役割があります。

このブログを読んでいるあなたに将来的に「決めることの出来ない前衛」になって欲しくないのです。

 

でも大事な事なので覚えておいてください。

全く動かないのも良くない。

仲間が打つときに少しセンターを守る動きを入れましょう。

センターを守りって、すぐに基本の上記の基本の立ち位置に戻れるようにしておきましょう!

 

おまけ:参考動画

画像だけですとわかりにくいかも知れないので、参考程度ですがブログ作る際に使った動画・素材をまとめました。

参考になればと思います。

 

まとめ

前衛の動きを良くする。

ボールを打つことの少ない前衛が動くことはイメージしにくいですが、沢山動くことで慣れてきます。

 

  • 基本の立ち位置
  • ロブの対処
  • 少し守る

 

この3つを大事にしましょう。

決めのあるダブルスは強いです。

失礼いたします。

【テニスのダブルス】サーブの基本の立ち位置はどこ?迷っている方必見です!

2018.08.13

 


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。