テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【テニス上達のコツ】ダブルスの基本戦術「雁行陣」とは?

全ての戦術の基本となる『雁行陣』(がんこうじん)。

 

始めてダブルスの戦術について考える場合、最初は雁行陣の戦術から考えることになります。

 

雁行陣という名前の由来から、雁行陣の基本的な立ち位置、ストレートアタックやポーチに出るタイミングなど。

初心者の方にもわかりやすく、テニスダブルスの攻め方戦い方について紹介します。

戦術の考え方や、攻め方フォーメンションについてもご紹介します。

 

ダブルスの基本戦術『雁行陣』とは?

あなたは『雁行陣』という言葉を聞いたことありますか?

そもそも雁行陣というテニスの戦術を知らない。

という方もいらっしゃるかも知れませんね。

 

まず雁行陣とは前後に、ネットプレーヤーとストローカーに分かれた下の図のような陣形です。

 

雁行陣という名前の由来は鳥の雁からきていて、鳥の雁が斜めに編隊を作って飛ぶ形に似ていることから雁行陣という名前がついています。

鳥の雁

 

雁行陣ではストローカーが「後衛」ネットプレーヤーが「前衛」と呼ばれます。

 

またダブルスの陣形は大きく分けて前後に分かれた「雁行陣」と左右に並んだ「並行陣」に分かれます。

 

 

スクールの上級やダブルス巧者になると並行陣を好む傾向があります。

並行陣も完全にネットと平行な横並びではなく、

小さく前衛と後衛に分かれていて、小さな雁行陣になっています。

 

雁行陣を最初に覚えておくことで、後々並行陣を学ぶときにも役立ちます。

 

覚える順番もあるのでまずは、

前衛と後衛に(ネットプレーヤーとストローカーに)はっきり分かれた、

基本の陣形『雁行陣』をしっかりマスターしておきましょう!

 

雁行陣の基本的な戦い方、役割分担と打つべきコース

雁行陣は攻守の役割がはっきり分かれています。

ここでは攻守に分かれた基本的な戦い方、前衛・後衛の役割の違いを理解していきましょう!

 

基本的に後衛が守備、前衛が攻撃と言われます。

 

言葉を変えると後衛は組み立て役で、前衛は決め役です。

 

ここでの注意点は、味方の後衛が相手の前衛に打ってしまうと決められてしまうし、

 

味方の前衛が相手の後衛に打ってしまうと、守備されて決められません。

 

なので基本的に打つコースは

 

  • 前衛もクロス
  • 後衛もクロス

 

です。

 

 

特に後衛のクロスラリーは”ゲームを作ること”になります。

後衛が過ぎにミスをすると前衛が何も出来ないのでゲームになりません。

気合を入れてラリーしましょう。

 

前衛と後衛の合理的な立ち位置はどこ?ポジショニングを考えよう

次に立ち位置(ポジショニング)を考えます。

ポジショニングが良いと相手も狙いどころが少なくなるし、自分たちも無駄な走りがなくなります。

 

雁行陣のポジション。

攻守のバランスが分かれているとはいえ、これではどうでしょう?

 

さすがに横を抜かれてしまいますよね。

 

シングルスよりも広いダブルスのコートを1人で守るのは大変なので、2人で協力して半分半分守りましょう。

ただ半分半分とは言っても「前衛」と「後衛」お互いに”反面の真ん中”ではありません。

もう少し細かく考えてみましょう!

 

後衛の立ち位置

あなたが後衛の場合、とにかく沢山走って全部のボールをミスなく返球する!くらいの気持ちで戦ってください。

これだけでかなり強いダブルスになります。

 

合理的な立ち位置でコート全体を守る必要がありますが、

立ち位置が前過ぎると足元にボールがきたときに、下がってしまったり対処しきれません。

 

このサービスラインとベースラインの間は通称「デッドゾーン」

 

死のゾーンと言われ、基本的に立っていてはいけません。

なのでこのゾーンからは出ましょう。

 

もう1つの注意点。

反面の真ん中ではワイドに振られた時に対処しきれないので

少し、はじによって行くことになります。

ここでおすすめの基本的な立ち位置があります。

 

雁行陣の後衛・おすすめ立ち位置

上記を踏まえた雁行陣の後継おすすめの立ち位置はズバリここです。

 

ベースラインより1,2歩後ろで

 

右足がシングルスラインの延長直線状にあるところ。

 

(バックサイドは左足)

 

ここに立つことにより、ショートクロスに振られた時も

深いボールを打たれても

比較的簡単に取れるようになります。

相手のドロップショットは前衛が取ってくれるかも知れませんが、後衛もダッシュです。頑張りましょう!

 

前衛の立ち位置

次に前衛の立ち位置です。

雁行陣では前衛がアタックできないとポイントを取れないので、ポジションを見直して沢山のボールを決めましょう!

前衛は「相手の後衛が打つ時」「味方の後衛が打つ時」2つ考えます。

 

相手の後衛が打つ時

まず雁行陣における前衛の立ち位置は

相手がロブを取ってくれます。

 

ただし、相手が打ってくるストレートアタックはさすがに仲間も取れないので、自分で守る必要があります。

 

もしもストレートを守らないで良いのであれば、相手の後衛の打つクロスに立ってきたボールを決めたいですもんよね。

 

でもストレートは守っておく必要があります。

 

ここでクエッションです!

相手の後衛が打つ時の

理想的な前衛の立ち位置は次の1,2,3どこでしょうか?

 

①ストレート絶対守る

 

②サービスボックスの真ん中くらい

 

③クロスラリーを一番邪魔できるセンター

①はストレートばかり守っていてクロスのプレッシャーがない。後衛にお願いしすぎです。

③はストレートを抜かれてしまいますよね。

という事で正解は②番でした!

 

 

前衛のコツはストレートを打ってきても守れる範囲でなるべくセンターによりましょう!

センターによることでポーチなど、うろちょろと動いてプレッシャーをかけましょう。

 

前衛・おすすめの立ち位置

「で、上記を踏まえておすすめの位置はどこなのよ?」

 

「迷っちゃう方はまず、サービスボックスの前後も左右も真ん中にしましょう!」

 

 

「どうでしょう?ここならストレートも守れるし、ポーチも出れそうじゃないですか?」

 

「わかりました!」

 

もう少し考えていきましょう^^

基本はサービスボックスの真ん中ですが、

 

例えば相手がココから打ってくるときはどうでしょう?

 

ストレートを抜かれてしまいます。

 

またセンターにボールがいって、センターに相手がよったときには自分もセンターによれます。

よりポーチのプレッシャーをかけることが出来ます。

なので雁行陣で前は前でも基本をココにして、

 

1、2歩左右を調節しましょう。

 

仲間の後衛が打つ時

仲間の後衛が打つ時は、

もしかしたら相手の前衛に当たってしまうことを想定して考えましょう。

もし相手の前衛にあたってしまったときのために守りたいコースがあります。

それはコートの真ん中です。

 

真ん中以外はサイドアウトしてくれるかもしれないので

少しでも相手に難しいことをさせます。

 

なので前衛の動き方は

  • 相手が打つとき
  • 仲間が打つとき

 

下図のように斜めに動くことになります。

 

 

 

雁行陣:前衛と後衛の目線。上手な人はどこを見てる?

テニスの上級者はどこでなにを見ているのでしょうか?

先に簡単な後衛から見ていきましょう!

 

後衛の目線

後衛は基本的には相手の後衛とのクロスラリーに集中です。

相手の前衛が気になるかもしれませんが、基本的に気にしなくて大丈夫です。

 

それでもちらちらと前衛を見ておいて「ウロチョロとして邪魔だな・・・」と思ったらストレートを1本打って威嚇しておきましょう。

相手の前衛がストレートをケアして足やポーチへの意識が止まります。

 

前衛の目線

それでは決めることを考える”前衛の目線”です。

前衛の目線の基本

まず前衛は基本的に前を見ています。

 

よくあるのは

仲間の後衛を見て、

 

相手の後衛を見て、

 

と交互に見ていますが、これでは次のボールへの判断が遅れてしまいます。

仲間を信じて前を見て判断しましょう。

 

例えば、

相手の前衛が打つそぶりを見せたらボールはそちらに飛んでいますし

 

 

相手の後衛が、左に寄っていたらボールは左に飛んでいます。

 

といったように、基本は前を見て判断することが出来ます。

 

前衛の目線・相手の後衛が打つとき

相手の後衛が打つ時は相手の後衛を見ています。

 

そのまんま、これは難しくないですね^^

 

前衛の目線・仲間の後衛が打つとき

仲間の後衛が打つ時は

相手の前衛に当たるかもしれないので、相手の前衛を見ています。

 

取らないな、と確認したら相手の後衛をみます。

 

後衛のストレートに打つタイミング

ダブルスでストレートを抜けると盛り上がるとかっこいいですよね。

でもむやみにストレートを打つと相手の前衛に打たれてやられてしまいます。

そこでストレートを抜けるおすすめのタイミングの例をいくつか上げます。

 

相手がボーとしている時

意外とあります。

長い試合の中で試合に集中できていない時。

まとはストレート以外のことを考えている時。

見破ってください。

 

相手が何度もポーチに出ようとしている時

相手をよく見てください。

なんどもポーチに出ようとしている。

なんども

なんども

ボールには触れていないけど、ポーチに出ようとしている。

次はストレートに抜けるかもしれません。

 

何度もポーチに出ようとしていて出れていないのであれば

次もまたポーチに出てくるであろうと予測して抜きます。

 

相手のファーストサーブがセンターに入ったとき

ポーチというものは

センターにボールが入った時に出やすいです。

 

そのなかでもセンターにファーストサーブが入ったときは特にポーチに出てきやすい。

その裏をかいてストレートを抜きます。

 

ワイドにボールがいったらストレートを抜けそうですが

ストレートを守られてしまっているので

実はセンターにボールがきたときの方が抜きやすいです。

 

補足!ストレートを打った後にはここを守ろう!

ストレートアタックをして、もし取られても大丈夫。

ストレートアタックをしたらすぐセンターを守りましょう!

 

相手もサイドのミスがあるのでセンターに狙ってきやすいです。

打ったらすぐセンターを守ってクロスに戻しましょう

 

ストレートアタックが決まるか決まらないか、じゃなくなります。

 

前衛のポーチに出るタイミング

それでは『前衛のポーチに出るおすすめのタイミング』をいくつか見ていきましょう。

ポーチに出るときはストレートを捨てる?

ポーチに出ましょう!
ポーチに出るにはストレートが怖いんですが。。

大丈夫です。この質問良く受けます。

ずばりポーチに出ようと思ったら、ストレートは捨てましょう!

基本はストレートを守っておく、ただし出ると決めたら思い切ってポーチに出ましょう!

 

 

相手のバランスが崩れたら

それではおすすめをいくつか紹介します。

相手のバランスが崩れたらポーチに出るチャンスです。

例えばストローカーでこんな形や

 

ネットプレーヤーがこんなにバランス崩れたら

ポーチに出るチャンスです!

 

ファーストサーブがセンターに入ったら

一番出やすいのがこれです、

サーブをセンターに入れる。

 

前衛がセンターによって、ポーチに出やすくなります。

 

ファーストサーブの音が聞こえたら

仲間のサーブが早すぎてついていけない?

そんな時は”音”を聞きます。

見てて追いつかないくらいの速いサーブは、ファーストサーブが入るか入らないかに関わらず音を聞いたらポーチに出ちゃいましょう!

 

カウントが40-15など大事なポイントで

ゲームポイントで集中してポーチに出て決める。

これによりゲームがずるずると長引かず、ゲームが取れます。

相手との駆け引きになりますが、知っているか知らないとでは勝ち負けに大きく係わってきます。

 

相手にストレートを打たれた後

相手にストレートを打たれて守った後。

2度連続してストレートを打ってくる相手は少ないです。

クロスに戻そうとするそこを狙いましょう。

 

いろいろな陣形への対処

ロブを抜かれた場合の陣形

雁行陣でロブを抜かれるとこんな形になります。

 

この場合はクロスに打ってしまうと相手の前衛に当たってしまうので、

 

基本はストレートのラリーをすることになります。

 

前衛はいつもよりさらにセンターによってプレッシャーをかけましょう。

 

ショートクロスは打つコースが狭くなっているので大丈夫。

 

雁行陣ではロブを抜かれたり抜いていくことも良くあるので、ロブを抜かれた後の対処は覚えておきましょう!

 

並行陣への対処の仕方

対戦相手が並行陣の場合どこに打ったらいいのか。

とりあえずロブをあげるとスマッシュ打たれてしまうし、2人のプレッシャーが凄い。

なんて場合ありますよね。

そんな並行陣を攻略しましょう。

 

並行陣も小さな雁行陣になっている

まず並行陣を攻略するために並行陣の基本を確認しましょう。

並行陣は小さな雁行陣になっています。

 

並行陣でも前衛に当たっていしまうとやられてしまいます。

 

相手の後衛がボレーでも、クロスラリーが基本となります。

 

相手がボレーであなたがストローク。

沢山走る事になりますがそれが雁行陣の後衛です。

頑張って全てのボールを取る!くらいのつもりでコートを走り回りましょう!

 

並行陣の攻略:クロスラリーは足元だけれども・・・

雁行陣のポイントの取り方はポーチです。

また並行陣を相手にボールが浮いてしまうとアタックされてしまいます。

 

相手の足元に打ち、ローボレーやハーフボレーを打たせます。

 

相手のバランスが崩れるところを狙ってポーチに出たり、ミスさせたりします。

次のチャンスボールを誘い出します。

 

ここで注意点です

相手は並行陣になる事で、あなたが足元に狙ってくる。

足元に狙ってくることにより、ネットミスしてくれるのを期待しています。

足元狙いますが、ネットミスしてしまうと相手の思うつぼです。

最初はは浮いてもいいので、とにかくクロスラリーを安定しましょう!

 

並行陣の攻略:チャンスでは並行陣の4つの穴を狙う。

クロスラリーが基本です。

ではチャンスが来たらどこに打てばよいのか。

並行陣には抜かれてはいけない4つの穴があります。

 

雁行陣は後衛が走って走って沢山のボールを拾うことが出来ます。

でも並行陣はボレーなので走って取る時間はありません。

穴を抜かれるとやられてしまうのが並行陣なんです。

 

並行陣対策;並行陣の4つの穴

並行陣の4つの穴

ここを抜ければポイントを取れます。

それがこちらです。

①ストレート

②センター

③ショートクロス

④ストレートロブ

 

いつでも抜けると思ったら、この穴を抜いてみましょう。

 

赤色青色の色分けは

赤色の1,2はサイドアウトのミスも少なく、打つのが簡単です。

 

青色の3,4はミスの多くなる難しいショートクロスと、甘いとスマッシュを打たれてしまうストレートロブです。

 

赤色の1,2が抜けるダブルスは弱いです。

どんどん抜いてしまいましょう!

 

まとめ

全ての戦術の基本となる『雁行陣』

極めればスクールの上級くらいならいけます。

雁行陣は後衛のフットワーク、クロスラリーがとても大事です。

前衛のポーチ、プレッシャーをかけてポイントを取っていきましょう!

色々試して経験していってください!

 

それでは失礼いたします^^テニスコーチの永田修一でした!

雁行陣になれたら次は並行陣!並行陣の記事はコチラから

【テニス上達のコツ】ダブルスの基本戦術「並行陣」とは?勝てるようになるための3つのコツ

2018.06.01


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。