テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【テニス上達のコツ】ダブルスの基本戦術「並行陣」とは?勝てるようになるための3つのコツ

こんにちは!

テニスコーチしている永田です。

今回は並行陣の3つのコツについての記事です。

 

ちょっと前にダブルスの基本戦術「雁行陣」(がんこうじん)についてまとめました。(記事はコチラ

テニス初心者の方は攻守にハッキリ分かれた、わかりやすい戦術「雁行陣」を読んでおいてくださいね^^

【テニス上達のコツ】ダブルスの基本戦術「雁行陣」とは?

2018.05.11

 

さて「雁行陣」の次は、テニスのもう1つの基本陣形「並行陣」。

あなたは並行陣について、こんなふうに思っていませんか?

 

  • ある程度テニスに慣れてきて、試合にも出場し始めたら強いペアは並行陣が多いと感じた。。
  • 今まで雁行陣だったけれど、ただいま並行陣を練習中!
  • ただ、まだまだ雁行陣の方が勝つことが多くて、並行陣難しいんだよな~。

 

そんな風に感じている、そんなあなたに!

並行陣で勝てるようになるための3つのコツをズバリ紹介します。

 

並行陣で勝つコツその1:決めるときはアレーコートのここ!

並行陣のストレートアタックについて考えてみましょう。

並行陣になると、雁行陣ではストレートアタックをアレーコートに打っていたのに

 

並行陣ではなぜか相手のいるところに打ちがち。

 

並行陣でも、いや並行陣だからこそ!

ストレートアタックはアレーコートにコントロールして打ちましょう!

 

特に自分たちが並行陣だと相手もポーチに出にくくポーチを狙っていない場合が多いので、正確にアレーコートに打つボールコントロールが必要になります。

 

さらにアレーコートでも相手の足元の横に打つと少し甘くなっても反撃されないです。

本当におススメのコートはアレーコートかつ相手の足元の先です。

 

並行陣で勝つコツその2:クロスラリーでストローカーを前後左右に振る

クロスラリーで安定したら相手を動かしましょう。。

相手が雁行陣で左右に振るならおすすめのコースはセンターとシングルスラインの深いところです。

 

相手が並行陣の場合でもいるところに打っても相手はボレー。

面を作ってなんでも返ってきます。左右に振りましょう。

相手が並行陣のときに相手を振る、おすすめのコースはセンターとショートクロス(相手の足元)です。

 

並行陣で勝つコツその3:甘いボールを見逃さないで決める

並行陣の最大のメリットの1つ、浮いたボールを決めること出来ます。

雁行陣でボールが浮いてもそれはクロスラリーになるだけです。

並行陣はロブならスマッシュ、少し浮いたらハイボレーを打つことができて雁行陣よりも攻撃的になります。

 

またネットへと詰めて決めることも大事です。

 

スマッシュが苦手でも練習しましょう。ダブルスの並行陣はスマッシュを決めることがコツと言っても過言ではありません。

 

並行陣の基本その1:クロスラリーをする

並行陣は相手の時間を奪う事が出来ます。

ボレーは当てるだけと言われるようにコンパクトなスイングですが、ストロークはスピンをかけるために沢山振ります。また沢山走ります。

ストローカーは大変です。

 

クロスに打っているだけでも強いのが並行陣です。

並行陣だとチャンスに見えるのか、すぐにストレートアタックしがち方が多いです。

基本を見直したい場合は、雁行陣のようにまずはクロスラリーが安定するように練習しましょう!

 

並行陣の基本その2:スマッシュはしっかり打つ

並行陣で戦いたいのであれば、スマッシュはしっかり打って練習しておきましょう。

上級者の方で「女性ダブルスはスマッシュ力で強さが決まる。」と言う方までいました。

 

相手はスマッシュをしっかり1発撃たれるだけで、ロブという選択肢が1つ減って困ります。

スマッシュをしっかり練習しておきましょう。

 

並行陣の基本その3:並行陣4つの穴を守る

並行陣は攻撃的!とはいっても実は守るべき4つコースがあります。

この4つのコースを覚えると並行陣の苦手意識がなくなります。

 

逆に守りを覚えないと攻撃する前に守備できずに負けます。

まずは負けないようにしましょう!

 

守るべき4つのコースを紹介します

それがこちらの4つです。

 

  1. ストレート
  2. センター
  3. ショートクロス
  4. ストレートロブ

 

この4つのコースを抜かれないだけで並行陣としての守りは完璧です。

 

ここで1ポイントアドバイス

4つの穴出来れば全部守りたい。

ですが、どこか抜かれてしまう。そんなときは3つに絞ります。

あえて捨てるとしたら相手が打つのが難しい③のショートクロスを捨てましょう!

 

まとめ

並行陣で勝つための3つのコツ3つの基本があります。

雁行陣で慣れているので並行陣に最初は戸惑うかもしれません。

ですが慣れるとその意識も逆になります。

並行陣が落ち着く日が必ず来ます!

頑張って練習していきましょう!


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。