テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【テニス】シングルスの練習法。センターに戻る時間を作ろう!

こんばんは!テニスコーチの永田修一です。

 

シングルスって自分でとる範囲が広いですよね。

ダブルスだったらコートの半面はパートナーがいるからいいけど、シングルスでは自分が全面守らないといけない。

はじに追い出されたと時にむやみに打つと、あなたが戻る前にオープンコートに打たれてしまいます。

カバーしてくる人がいない分、時間を作る必要があります。その練習法を紹介します。

 

シングルスで、時間を作る事は必須!

シングルスは相手が打つときに、真ん中に戻っていないとやられてしまいます。

たとえば真ん中らへんから打つときは、早いボールを打ってもすぐ真ん中に戻れます。

 

はじっこから打つときに要注意です。早いボールを打つとやられます。

はじっこから打つときには、センターに戻る時間を作る必要があります!

シングルス。時間を作る練習法

時間を作る練習法です。

 

~ルール~

  1. 1人は真ん中しか打っちゃダメ。
  2. もう1人はどこに打ってもOKです。
  3. どちらもボレーは禁止。

 

片方は攻める練習、もう一方は時間を作って守る練習になります。

 

ロブでもスライスでも、なんでも良いので相手が打つときにセンターにいるようにします。

 

さいごに

ミスなくこれが出来たら、試合でも勝てるようになってきます。

逆に出来ないと、よくわからず負けることになります。

 

シングルスの導入として、時間を作る楽しさを覚えましょう!

それでは失礼します。テニスコーチの永田でした。


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。