テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

サーブのコツ。「構えた時のスタンス」でサーブを打ちやすくする!

どんなにラリーやゲーム形式が出来ても、サーブが入らなければ始まらない。

みんなで楽しくテニス、サーブが全然入らないよーTT

今日はそんなサーブのコツ!少しでも打ちやすくするために、サーブのスタンスを一緒にチェックしましょう!

サーブのスタンスの向きを変えていますか?

このまえ、うちの妹と区営のコートを借りてテニスしました。またtwitterの友達・リューヤ君から「なんか直した方がいいとこありますか?」との質問。

その時に思ったのがこれです。

「アドサイドとデュースサイドでの、サーブのスタンスの向きを変えよう!」

この2枚のデュースサイドの写真を見てください。

なんか違和感ありませんか?

デュースサイドでサーブの前足がこんなにつま先が右に向いていると体が回らないです。

サーブのスタンス、前足に注目!

サーブは基本的に体を回して打ちます。しかし、デュースサイドで左足がこんなに横を向いていると、体が回るのをブロックしすぎてしまいます。

アドサイドでは右方向に打つので、ベースラインに沿う前足の向きでOKです。

 

二枚並べるとわかりやすい。アドサイドは良いけど、デュースサイドは体がどっかに向いてしまっています。

アドサイド↓

デュースサイド

そもそも左足の役割は?

じゃあ体を回りやすくするために、前足は打ちたい方向に向ければ良いじゃん。と思いがちですが、それでは体が回りすぎてしまう。

でも横は体が回らない。

体はひねり戻したいけれど、ほどほどにブロックはする。そのために最適な前足を考えよう!

サーブはプロの写真も見てみましょう!

プロの試合を見てみるとストロークは色んなフォームがあるけれど、サーブはみんな似ているのに気づきましたか?

サーブはプロの写真を見て真似るのおススメです。(下の写真は全てデュースサイド。)

まとめ

サーブでの前足、体を回しやすいくするためにはどんなスタンスで、ブロックしやすくするにはどんなスタンスか。

是非、自分のサーブを確認してみてください!

今回は以上です。テニスコーチの永田でした。


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。