テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【テニス初心者から初級者へ!】サーブのトスを上げる位置はどこ?

おはようございます!テニスコーチの永田修一です。

 

日曜日、レッスンに体験のお客さんが来ました。

フォームが独学にしては綺麗だったので、経験年数は3年ほど、他スクールで習っていたそう。

 

サーブの練習中のことです。

生徒さんがサーブを打った後、首をかしげていたので、こんな質問をしてみました。

 

「何かサーブに疑問ありですか?」
「トスが上手に上がらなくて」
「なるほど、ちょっともう一度サーブを打って、見させてもらってもよいですか?^^」
「はい。」

 

・・・てこてこと、サーブを打つところまで歩き・・・トスを上げて~・・バシッ!!

見てみると、とても綺麗にトスアップを上げている。お手本のようなトス。

 

*トスの上げるフォームについては別記事【テニス初心者必見】サーブのトスを安定させよう!ボールの持ち方からトスの上げ方、家でできる練習方法まで。をチェック!

【テニス初心者必見】サーブのトスを安定させよう!ボールの持ち方からトスの上げ方、家でできる練習方法まで。

2018.01.12

 

 

「なるほど、なるほど~。もう一球打ってみてください。」

軽くうなづき、

・・・トスを上げて~・・バシッ!!

 

「○○さんのトスアップ、とてもきれいですよ!」
「そうですか?前に上がり過ぎちゃうので、もっと手前に上げたいのですが。」
(!!なるほど!そうゆうことでしたか!)

 

この後、まずトスの上げる位置について説明をさせて頂きました。

その生徒さんのフォームを少し修正して打ってみてもらい、サーブの練習は終了です。

 

思ったことは、今回のお客さんのような、

 

サーブのトスを上げる位置は良い。でも、

どこに上げるのが良い位置のか理解していないので、トス自体に迷いが出てしまう。

 

という方、結構多いです。

今回はあなたも、トスアップで迷わない為に。

トスの上げる位置について。

を、一緒に考えていきましょう!

 

あ、あと今回ですね、サーブのグリップはコンチネンタルグリップで持っている。

という事を前提にお話しさせて頂きます。

 

別記事に、

【テニス初心者から初級者へ!】サーブのグリップ。なぜコンチネンタルグリップで持った方が良いのか?回転のかけ方も紹介!サーブのグリップはなぜコンチネンタルで持った方が良いのか。

【テニス初心者から初級者へ!】サーブのグリップ。なぜコンチネンタルグリップで持った方が良いのか?回転のかけ方も紹介!

2018.01.25

 

という記事をまとめてあります。

是非参考にしてください^^

サーブのトスを上げる位置その1:前に上げよう!

まずは、サーブのトスをうしろに上げてしまうと、どんなデメリットがあるのかを考えていきましょう^^

サーブのトスをを後ろに上げると打点が後ろになってしまい、面が開いてしまいます。

 

面が開いてしまうとスピンの回転がかからず、振り切って打つと飛んでってしまう。

なので、トスは前に上げることになります。

 

トスはどのくらい前か

では大体どのくらいトスを前に上げるかですが、1つおもしろい教え方があります。

ラケットをこのようにおいてください。

 

トスを上げてボールが落ちた時の位置が、この地面においたラケットの面より前にする。

 

面より前なら良いけれど。

 

面より後ろに上げるとだめ。

 

サーブのトスを上げる位置その2:右方向に上げ過ぎないように。

右方向に上げ過ぎると、これもまた面が開いてしまいます。

 

面が開かないようにしておきましょう!

 

例え右方向に上がっても、面が開かなければOKです!

この下の写真は、ギリギリ面が開いていません。

 

要は面が開かなければ何とかなる!のですね~

まとめ

サーブのトス。

面を開かなければ、少しはスピンが混ざります。

 

サーブのトスは、大体この枠のどこかにあげましょう!

 

打点を前も忘れずに!

 

打てる球種は違くなりますが、ピンポイントなところに上げないといけない!と、考えすぎず。

この辺りならどこでも打てる!として

打点に迷いなく自信をもって、サーブを打てるようになりましょう!

 

それでは失礼いたします。テニスコーチの永田でした^^

 

 


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。