テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

twitterでDMがきた!ロブがアウトしてしまう時の解決法!

twitterでDM(ダイレクトメッセージ)がきました。Oさんからテニスの相談です。

 

ロブを打つとアウトしてしまう。

相手が前に出てきて本当に邪魔。でもロブ打つとアウト。

むむぅ、ロブを入れたい!

 

もし、あなたがこんな風に思っていたら、今回のDMでのやり取りが役に立つかも知れません。

以下、DMでのやり取り、その一部始終です。

はじめに、挨拶~ロブの質問まで。

Оさん
フォローありがとうございます。

自分
テニスが好きです

高校生です

永田
よろしくお願いします。

自分もテニス好きです

でも32歳ですw

Оさん
一つ質問しても良いですか?
永田
どうぞ?b
Оさん
ロブを上げると大体アウトになってしまいます。

どうすればアウトにならないですか?

 

おお~、テニスの質問だ。(ちょっと嬉しい。)

 

そのロブはスライスロブ?それともスピンロブ?

永田

その場を見てないとゆう前提で考えられることを、アドバイスさせていただきますね^^

そのロブはスライスロブですか?

それともスピンロブ?

 

Оさん
スライスロブです!
永田

おおーそれは良いですね

おそらく「高さ」なんではではないかと思います

相手の頭上を少し超えるくらいで打っていませんか?

 

はい次に行く前にちょっとここでSTOPです!なぜスライスロブかスピンロブか質問したか。

ここでスピンロブと言われてたら、

 

  • ちゃんとボールに入れているか。
  • 足腰もしっかり使っているか。
  • スライスで上げるところを無理してスピンロブを打っていないか。
  • スピンロブよりスライスロブの方が上げやすい。

 

などなど、ちょっと見ないと何とも言えないことになっていました。

でもスライスロブなら思いつく節がありました。

とゆうことで、今回のロブの話は、「スライスロブ」が前提です。

ロブのイメージ、手書きの図と解説

永田
図にしますねー少々お待ちを!b
Оさん
はい

twitterの不具合(?)でDMで画像が送れなかったので、下の画像をツイートしました。

Оさん
見れましたー

ありがとうございます

永田
スライスロブって少し伸びるので赤い軌道だとアウトしやすく

青い軌道だと上から結構落ちてきます

また、高ーく上がったロブはスマッシュも打ちづらいので

そういった面でも有効です。

Оさん
ありがとうございます
わかりやすい図や解説まで
永田
いえいえ

どうでしょう?解決できそうですか?^^

 

Оさん
はいできそうです!
永田
何でも言ってくださいね!
では!b
Оさん
はい
ありがとうございます

またこのような事があったら相談してもいいですか?

永田
もちろんです。待ってますb

さいごに、ブログの許可を頂いた。まとめ

永田
あのー

ブログにしても良いですか?

この会話を

Оさん
全然大丈夫です。
永田
ありがとうございます(^O^)/
Оさん
全然お願いします!

 

という事で記念にブログにさせて頂きました。

 

スライスロブは高さが大事!

スライスロブなのでどうせ拾われます。スピンでしたら話は別ですけどね~。

 

お役に立ててたら嬉しいです。

こんなときテニスコーチしてて良かったな~と思います。

これからもテニス楽しんでください!では失礼します^^

 


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。