テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

無料でテニス観戦!楽天オープンの予選!(2017年)

楽天オープンの予選を見に行きました!

日本で開催される一番大きい大会、楽天オープンの予選はただで見れます!

予選は明日10/1(日)まで!

明日も、中のコート(有明コロシアム)のイベントはお金かかりますが、外のコートの予選は無料です!

今日のレポート!ちなみに私はテニスファンでありません!w

といいつつ、プロに写真は撮ってもらいましたw

駅からテニスコートまでの道のり

無料でテニス観戦が出来る!って事を伝えたかっただけなので特に試合レポートとかはなしです。

私の見るテニスと、今このブログを読んでくれているあなた、が見るテニスだと感じるところも学ぶところも違うと思うので^^

ということで、とりあえず会場までの道案内します!w

 

駅は「国際展示場」。もしくは、ゆりかもめの「有明」から。大体国際展示場から行くと思うので、国際展示場からです。

 

国際展示場の駅を正面に左手に進みます。(駅を背に右手)

 

こっちの景色の方。

 

そのまま30メートルくらい進むと、この橋の階段があるので、

 

この橋をすすむと~

 

どんっ!会場!

 

会場入ってすぐのところではビーチテニスもしていました。

 

あとはいろいろなものが売ってるブース、外コートに行けばプロが練習や試合をしています!

いろいろなものが売ってるブース。

予選でも空いてるブースはちらほらあります。

前は車なんてあったっけな?錦織君の活躍で盛り上がってます。

買い物するにも少し安いです。(例:トアルソンのグリップテープは15本で1500円)

生徒さんは買い物も楽しみに行ってましたよ^^

プロとの写真!

待ってました!プロとの写真です。

こんな写真も撮れます。だれだれだ~??調べました!

 

この方はイジ・べセリーさん。

これまでにATPツアーでシングルス1勝、ダブルス1勝。左利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。自己最高ランキングはシングルス35位、ダブルス94位。今回のモンテカルロ・マスターズは世界55位での出場。

  • 国籍:チェコ
  • 生年月日:1993年7月10日(23歳)
  • 自己最高ランキング:35位
  • 身長:198㌢
  • 利き手:左手

2011年の全豪オープンジュニア、全米オープンジュニアを制して、将来を嘱望される存在。198センチという恵まれた体格を活かしたビッグサーブとパワーテニスが特徴の選手。

 

4大大会に次ぐ、メジャー大会のモンテカルロ・マスターズ1000であのジョコビッチにも勝っている!

へぇ~凄い選手!この写真撮った記念に有名になって欲しいです!。自慢します!wとりあえず楽天オープン頑張って!

と盛り上がりすぎました、こんな出会いもあります^^

テニスコート、試合

なんだかんだ言ってもやっぱりこれがメイン。

 

伊藤竜馬VSシシパス

伊藤竜馬選手好きだったので負けてしまったけど、見れて良かったです。

まとめ

コーチに言われたことの確認を目で見たり、次に自分のやる事のアイデアを探したり。コーチとして何ができるか。

今まではそうゆう事ばかり見に行っていたけど、今回はブログを通してレポートするのも目的だったので違う目線でも楽しめました。

 

テニス、色んな楽しみ方があっていいんじゃないですかね?

エンターテイメントとしても、とてもおもしろかったです!

明日の予選も無料なので、是非行ってみてはいかがでしょうか。

 

ではでは!テニスコーチの永田でした!失礼します^^

 


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。