テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【テニス部】球拾い中にイメージトレーニングをすれば、打ってない間も練習し放題に!

こんばんは!テニスインストラクターの永田修一です!

 

新生活で始めた部活動。

テニス部に入ったんだけど、1年生の悩みが1つ。

球拾いの期間がほんと長いこと。

 

球拾いの期間…意味ないって感じちゃいますよね。先輩達もやってきたんだから今年の1年生もやって当たり前でしょ?みたいな。

先輩達も間違ってない。でももしあなたが1年生だったら、部活でこんなに長い間球拾いしていてなんか意味あるの?その間にでも打てた方がやっぱりいいんじゃないの?とも思っちゃいます。

というわけで今回は、部活中にただ球拾ってないで球拾いの間にも何かできることがないか考えてみようと思います。

ボール拾い中にボール拾う以外になにをするか

要はボールを拾っているあいだに何かほかのできることを考えようってこと。では具体的に何をすれば良いか。

僕のおすすめは「イメージトレーニング」「メンタルトレーニング」

イメージトレーニングとは、頭の中で何かを思い浮かべる(心象・想定・イメージ)すること。素振りもイメトレの一種。

メンタルトレーニングとは、メンタル(=精神面の)とトレーニング(=練習)を組み合わせて作られた言葉。プレーがうまくいかずネガティブになりどんどん調子が落ちていったり、怒ってラケット投げたりする人は球拾い中にメンタルトレーニングをしてみましょう。

球拾い中にできるイメージトレーニングとは

・球拾い中に先輩たちのプレーを見ることができる。

つまり、これからあなたがやること、やりたいことはどんなことかを「見て学ぶ」期間を作ります。

球拾い中にもなにかを学ぼうとしている一年生は先輩たちのプレーを見ながら、「あのプレー真似してみよう」とか「自分だったらこうしてみよう」などと考え、次のプレーにいかそうとします。何にも考えてない一年生は「部活に入ったけど、球拾いばかり」と文句が出るかも。

これは、考えてないからといって悪いことではなく、たまたまその球拾いの目的や意図を知らないだけです。このような場合、イメージトレーニングの一環として知った時から始めればよいのです。

テニスは対戦相手の良いとこも悪いところも把握する「目」も必要なので、相手をみる練習としてあなたが打ってない時に落ち着いて相手を把握できるのもおススメの1つです。

 

球拾い中にできるメンタルトレーニングとは

先輩たちを見るイメージトレーニングとは言っても、「さすがに長い、、飽きた早く打ちたい!」って思うこともありますよね。そんな時にはメンタルトレーニングがおススメです。

例えば、球拾いの目標を「先輩たちを見る」って決めていたとします。そしたら空でもみて一度休んでまたイメトレするとか。メリハリのトレーニングにもなります。そんなに長く集中って続きませんから常に全力じゃなく休むことも覚えましょう。

もう1つ例をあげます。上記とは逆に集中します。意識してセンターラインをみるボール1回つくとか。集中する前のルーティーンを何か1つ作ってみる、実行してまた集中する。

とにかく乱れたら負け。テニスは取り乱したら負け。メンタルトレーニングでもして落ち着く練習でもしてましょう。

 

まとめ

球拾いの間にも練習したいと思ったら思考を鍛えてみる、次の練習の目標を作る、などただ球拾ってないで何かしようとする。先生も先輩も知らない、球拾ってる間の練習、意識の持ち方。ここまで意識して球拾いしていたら試合中でもパニックにならずラケット折ったり叩いたりすることもなくなると思う。

もし球拾い以外させてもらえないなら、壁打ちのあるとこいったりスクール入ったりして先輩から盗んだイメージを試しにいってみよう!

何かやれることは必ずあるはず!頭フル回転してテニス楽しんでいきましょう!

 


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。