テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【1分で解消!】テニスの試合でなぜ怒るか。落ち着いてプレーするために。

こんにちは!テニスインストラクターの永田修一です。

テニスはメンタルのスポーツですが、あなたは怒ったり落ち込んだりしますか?

テニスの試合で怒ってラケット投げたり、こんなはずじゃないと感じたり。何やってもうまくいかない!

怒っても意味ないとはわけっていてもなかなか難しいですよね。

そんな厄介な怒りの感情を今回は1分で解消します。

 

テニスで怒るわけは?自分に期待しすぎているから

最悪こんな風にラケット投げることも?(注…動画見たら1分超えます)

こ、こわいです。。周りの人はこわいですよ。。

 

テニスの試合前は何を考えていますか?

「上手くいったらいいな~」とか「絶対勝つ!」でしょうか。そうでしたら要注意!

こんなはずじゃなかった。。と落ち込む理由は自分の期待が高すぎるから。

何も期待しないで入れば落ち着いて対処できます。

大事なのは試合前の入り方

試合前に一度考えます。たとえば

 

  • 何が起きても落ち着いて対処する。
  • 自分に負けない。何とかする。

 

これだけ。結果はついてきます。

試合が練習より好きで試合にも優勝している生徒さんが、レッスンの時はいろいろ考えているんだけど、「試合になったら自分に負けないって常に考えてる。」といってバックの中から、自分に負けないって書いたメモ書きを出した時は、なるほど強いわけだと思いました。

試合は「試し合い」なのです。負けてもなぜ負けたかを考え練習そして強くなる。そうゆう場です。

期待しすぎると上手くいかなかったときに気持ちが萎えます。

落ち着いてプレーできると1つレベルアップですね!

 

まとめ

プロの試合などみていいプレーはイメージしますが、悪いときはなかなかイメージしないもの。

試合前の考え方で、試合中に落ち着いて対処できるようにメンタルを整えましょう。

テニスコーチの永田でした。それでは失礼します。


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。