テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【テニスを始めよう!】テニスは初心者向けのスポーツ??スポーツが苦手な人でも大丈夫!

こんばんは!テニスインストラクターの永田修一です。

 

先日facebookで友達からおもしろい質問がありました。その質問と解答がこちら

 

「テニスって初心者向けのスポーツなんですか?私は運動オンチなので気になりました。」

 

「テニスは確かにとても難しいけど、続ければ誰でも上手くなるし戦術で運動神経良い人にも勝てます。是非!」

 

なるほど。

自分に運動神経ないと思っていると、「運動神経がなくても、そのスポーツを楽しめるかどうか」が気になるところなんですね。

 

大丈夫!運動神経が無くても楽しめます!やりましょうテニス!

 

 

テニスは老若男女問わず楽しめるスポーツの1つで、生涯スポーツとしても人気です。今回の記事は「テニスは運動神経が無くても楽しめるのはなぜか」についてです。

もしあなたがテニス始めようかな~どうしようかな~と迷っていたら、是非一読を。

 

テニスはパズルゲームみたいなもん

ちょっとパズルゲームってゆうと語弊があるんですけど。

 

テニスはスポーツとして「黄色いボールを追いかけて走って打つ」という体を動かすという爽快感や気持ちよさがあります。

ですが、テニスのおもしろいところは体を動かす事だけではなく、戦術面や駆け引きのような「知能ゲーム、戦略ゲーム、心理ゲーム」的な要素もあります。

その戦術面や駆け引きが「パズルゲームやなぞなぞを解くときの楽しさ」似ていて、単純に体を動かせれば強い。というスポーツではありません。

 

大袈裟に例えると歩いてボールに当てるだけでも大丈夫です。戦術、戦略でたけていると運動神経良い人にも全然勝てますよ^^

普段足が遅くても、テニスだと足が速くなる??

運動神経が悪いのって足が遅いとか気になりますが、テニスは足の速さはさほど関係ありません。

テニスの黄色いボールを追いかけているときは、足が遅いとか関係ない!

もしかしたらテニスの黄色いボールを追いかけると早くなる(?)、実際に私も黄色いボールの目標があったほうが早く走れると思います。

50メートルとか100メートル走るのって「なーにやってんだ」。「足遅いのにやだー恥ずかし!」ってなっちゃいませんか。

テニスをしているときは夢中すぎてそんなことを考える余裕ありません。

そういえばレッスン中に「この人、足遅っ!」って思ったことないかも。

 

テニスのコートは意外と狭い!?

テニスは足の速さも大事だけど反応も大事かな

次のコートを見てください。テニスコートって意外と狭く、走る距離は短かったりします。

一番長い距離で16メートル強。こんなに目一杯走らされることはめったにないです。

走っても10メートル。ダブルスだったら半分の5メートル?

テニスコートでは走る距離って意外と短いから、足は遅くても大丈夫です!

 

さいごに

テニスは運動神経が必要ないっていったら嘘になりますが、他のスポーツに比べて運動神経が悪くてもなんとかなるスポーツだと思います。

迷っていたらとりあえず、テニス始めてみませんか?

最初はだれでもいきなり上手くはなりません。マイペースに楽しさ見つけてゆっくりやりましょう。いつの間にかテニスが楽しくなっていると思います。

楽しい環境見つかると良いですね!

何でも相談してください。連絡お待ちしています^^テニスコーチの永田でした!

 


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。