テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【テニス初心者必見】サーブのトスを上げる高さは、どのくらい?

ふと空を見上げて、

『ああ、今日はとても良い空だなぁ』

と、あなたは感じたことありませんか?

 

テニスをしていてると,

「サーブを打とう!と、トスを上げ、空をみてみるとその空がとてもきれいな事に気づく瞬間。」

があります。

 

ついついサーブを止めて、少しの間、その空を見てしまう。

 

こんな時テニスをしていて良かったなと、季節も感じるし、とても爽やか。

僕の大好きな時間です^^

 

サーブを打つときにそんな余裕ない!

そんな声が聞こえてきそうですが、僕も普段はそんな余裕はないです(笑)

つい、ボールの向こうに広がるきれいな空が、目に入ってくるときがあるのです。

 

まぁでもサーブを打つときに余裕がない。

といわれれば、

テニススクールの生徒さんを見ていて、サーブを打つのにタイミング的に余裕がある人、ない人がいます。

 

昨日も「サーブを打つときに余裕がないんだけど。」

と質問を受けました。

 

トスを上げ、トロフィーポジションの間しっかりためて、余裕をもって一気に体全体を使ってバシッ!

(*サーブのトロフィーポジションとは?を、近日、別記事にします。)

そんなふうにタイミングを合わせて、思い切って打てると良いですね^^

 

そこで今回は、

上げたトスにタイミングを合わせてサーブを打てるようになるために、

 

サーブのトスを上げる高さ

 

について、お話させていただきます。

 

サーブのトスを上げる高さはどのくらい?

それではサーブを打ってみましょう!

となったら、

 

あなたはどのくらいの高さに、サーブのトスを上げますか?

 

と、いきなり言われても困ると思うので、

2択のクイズ形式にしました!

 

初心者の方のサーブのトスは次の1,2、どちらの高さに上げると、サーブは打ちやすそうですか?

 

1、ちょうど打点の高さ。ちょうど上がったところで打つ。

 

2、打点よりも高く上げて、落ちてきたところを打つ。

チーン!

 

どうでしょう簡単でしたか?

 

そうです。正解は2番!

 

サーブのトスを打点よりも高く上げておくと、ボールを落ちてくるところにタイミングを合わせて打つことが出来ます。

 

1番はトスを上げて、打つまでにためる時間がない。

 

 

ちょっと打つまで忙しそう。

 

今はトスを打点よりも高く上げて、ボールが落ちてくるまで待って、

落ちてきたところにタイミングを合わせて打ってみましょう!

 

どのくらいトスを高く上げるか?

打点よりもトスを高く上げますが、どのくらい高く上げましょうか?

 

高く上げ過ぎても、逆に待っていられなくて、打つタイミングを合わせにくい。

 

ここで1つ基準を作りましょう。

僕のおすすめがあります。

 

頭から身長の高さ分、上げましょう。

ちょうど少し落ちてきたところで打つことが出来ます。

 

僕は177センチなので、トスを頭から177センチ上に上げる。

すると、ちょうど落ちてきたときに、打点がきます!

まとめ

ちょうど打つ高さにトスを上げると、トスを上げてすぐ打たないといけない。

サーブを打点よりも高くトスを上げて、落ちてきたところに、タイミングを合わせて打つ!

 

基準が必要なら、あなたの身長を目安に上げてみましょう!

是非試してみてください。テニスコーチの永田修一でした。失礼します^^


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。