テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【テニス】グリップチェンジはグリップでしない?スロートとは

テニスでグリップチェンジをするとき、例えば

 

  • サーブからストロークへのグリップチェンジ
  • アプローチを打ってボレーへのグリップチェンジ
  • ボレーからストロークへのグリップチェンジ

 

など。

グリップチェンジでおたおたしていたら、次のショットを充分に打てません。

 

あなたはグリップチェンジをどこでしていますか?

実は、グリップチェンジはグリップでしません。

テニスのグリップチェンジはグリップではなくスロートと言われる部分でします。

 

スロートとはここです。

 

 

グリップチェンジをグリップでしようとすると、ぶれます、動作が大きくなってしまいます

スロートでグリップチェンジをすることによって、動作は小さくグリップを持っている方の手はほぼ動かさないでグリップチェンジが出来ます。

ストロークやボレーのレディーポジションでは、常に「聞き手はグリップ、逆の手はスロート」を持っておくと良いですね。

 

まとめ

グリップチェンジはグリップでしようとすると動作が大きくなるので、スロートを使ってシンプルにグリップチェンジできるようになると次のボールへの準備が1つ早くなります。

癖がつくまでやってみましょう!

テニスコーチの永田でした。それでは!


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。