テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

はじめてのテニスの大会。当日慌てないように必要なものをチェックしておこう。

こんばんは!テニスコーチの永田修一です。

はじめてテニスの大会は緊張しますよね。緊張して忘れ物などしないためにリストアップしておきます。

テニスの大会で主に考えられることをまとめました。

形のあるものと形のないもの(主にメンタル面)にわけました。

形にあるものからまずは揃えましょう!

 

形のあるもの

 

ガット・グリップ・靴

この三点セットは時間があれば整えておきましょう。

【テニスのグリップテープ】選び方から巻き方まで。迷ったらコレ!

2017.09.15

 

服はなんとかなりますが、手元足元は大事です。

 

小物類

 

  • タオル
  • 着替え
  • 帽子
  • サングラス

 

などなど。私は帽子もサングラスもしません。タオルは2枚、着替えの下着とウェアは3枚ほど多めに入れていきます。

大会要項があるのならチェックです。襟付きのウェアやマークのロゴの大きさに規定がある場合もあります

 

食料品・水分等

会場に行って水分ない!ってことにならないように。

食料品こだわりがある人、例えばバナナが欲しくても近くに売ってる場所がないかも知れません。

欲しいものが近くに変える場所がない場合もあるので、事前に準備をしておきましょう。

 

ボールや縄跳びなど

これは試合用のボールではなく合間に打つ練習用のボールです。試合用のボールは大会側が準備してくれているので安心してください。

ウォーミングアップに必要なものを持っておきましょう。ボレーボレーしたくなったりボールは意外と使います。大会運営者は貸してくれないこともあるかも。大会の後に使ったりすることもあるので。

あとは縄跳びとか体操用のマットとか、もしいつも使っているようなものがあれば持っていきます。

 

季節のもの

夏は体を拭くシートなど、冬はホッカイロなどあると便利なものを持っていきましょう。大会に出ていけば、あれも持っていこう!と増えていきますの適当に。

 

形のないもの

次は「形のないもの」です。テニスの大会を楽しむためにも是非一読を。

 

気持ちの準備

はじめての試合は緊張すると思いますが、たとえば

  • 上手く打てなかったらどうしよう
  • 絶対優勝する

 

こんなふうに期待しすぎると、こんなはずじゃなかった!と理想の自分との違いにショックを受けてしまいます。起きたことに冷静に対処する気持ちの準備をしておきましょう。テニスの試合は長く良いことも悪いこともあって普通、大丈夫です!

結果に期待するなとはいっても少しは期待してしまうもの。まずは今回は集中して一所懸命にやればそれでよし!などとゆう目標を立てるのもありです。今回の大会がすべてではありません。テニスの大会に出ると反省点が見つかるので大会が終わったらその反省点を練習。一度の大会で

「もう大会でない!」

とめげないように、テニスを長~く楽しんでいきましょう!

 

 

時間と会場近くの駐車場確認

時間はぎりぎりにはいかず少し早めに行きましょう。1分でも遅れると許してもらえず出れないことがテニスの大会では普通です。渋滞や遅延でも許してくれません。

車で移動の際には大会会場に駐車場があるかもチェック。もしくは近くの駐車場を探しておきましょう。

 

 

まとめ

大会規定と集合時間だけにはとにかく注意です。

あとは大丈夫経験していきましょう!

何かありましたらご連絡ください。テニスコーチの永田でした。

試合楽しんでくださいね!それでは!


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。