テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニス強くなろう!SHUICHIテニス超実践練習会

テニススクールは練習ばかりで試合ができないあなたへ!
1人で参加しても最低2回は試合ができるSHUICHIテニス超実践練習会

LINE@にて開催情報を配信しています。

テニス強くなりたかったら上記のバナーを今すぐクリック!!

【テニスの打ち方】バックハンドストロークって両手と片手、結局どっちが良いの?

こんにちは!テニスインストラクターの永田修一です。

テニススクールで、

「今日からバックハンドストロークを両手で打ってみます。」

と、片手から両手に転向しようとする(または反対)お客さんがいるのですが、

ちょ、ちょっと待って~( ゚Д゚)

それだったら片手でうまくなっちゃったほうが良い時あります。

僕は両手にしたり、片手にしたりして欲しくありません。

 

なぜ両手にしたり、片手にしたりしないほうが良いのか。またはしてもよい場合。

 

を、最初にまとめました。

それを踏まえて、片手両手のメリット、デメリットを見ていきましょう。

 

両手と片手どちらかに決めてほしい。

両手から片手より、片手から両手に転向しようとする人の方が圧倒的に多いので、片手から両手で説明します。

僕は「両手に変えようと思っているのはなぜか?」

を、先ず聞きます。その返答が、

「ケガをして片手で打つのが痛いから。」

こう答えた方は、それはもう変えたほうが良いです。健康と付き合いながら楽しく、テニスしましょう。

「遊びで、試しに」、「自分の子供に教えたいから」

これも良いですね。なんとなくほほえましく嬉しいです。テニス楽しみましょう^^

 

他によく聞くのは、

「高いところが打ちにくいから」、「力が入りにくいから」

上記のような上達思考が強く、でも打ちにくいから両手に変えようか迷っている場合は、片手でレベルを上げて解決したほうが良いです。

理由はどちらも打点に入れないか、振り遅れてる。要は打点があっていないだけなんです

両手にしても高いボールは打ちにくいです。

高い打点のボールに両手は無理やりねじ込めそうですが、そんなことはなく、そう言われると錦織君も打ちにくそうにしていませんか?

実は高い打点は両手も打ちにくいです。フットワークでカバーしたり、ライジングでタイミング合わせたりして何とか解決してみてください。

力が入りにくいのも、打点が遅れていたり高すぎたり、打点がずれていると思われます。習っているコーチに聞いて見てもらいましょう。

 

まとめます。

両手(片手)に変えても良い場合

  • ケガ
  • 遊び
  • 他の人に教えるために覚えたい。

 

両手(片手)に変えないほうが良い場合、理由

  • 打点が合わないので両手に変えて何とかしようとする。
  • 片手、両手打点が違う。
  • 右手の使い方が、全然違う。

 

などです。

自信をもって自分の持っているショットと付き合っていきましょう^^

 

両手片手のメリット、デメリット

これを踏まえて以下、メリットデメリットを考えられるだけあげます。

これ忘れてるよーとかありましたら、ぜひ連絡ください^^

あなた自身のためにも、対戦相手の対策のためにも参考にしてください。

 

両手のメリット

  • スピンが打ちやすい
  • ジャンプしやすい
  • ケガしにくい
  • 左手でフォアを打つイメージがわかりやすい(右利きの場合)
  • 力入りやすい(女性用)

 

両手のデメリット

  • 左手左足を使うのが難しい
  • リーチが短い
  • フットワークがより必要
  • ライジングが打ちにくい
  • 右手右足に意識、力が入りやすい
  • 体を上手く回す必要あり。

 

片手のメリット

  • 使うの右手だけで分かりやすい
  • リーチが長い
  • ライジングが打ちやすい
  • あわせやすい

 

片手のデメリット

  • ケガしやすい
  • スピンが打ちにくい
  • ジャンプして打つの難しい
  • 力入りにくい(女性用)

 

こんな感じかな。

まとめ

結論どっちでも良いです!(笑)

テニスはフォーム以外も大事なこと沢山あります。もちろんフォームも大事です。

テニスには沢山の要素があり、得意なところと苦手なところがあっても大丈夫です。

上達のためにはあなたの持っている技術と付き合って何とかするくらいの気持ちも大事です!

目の前のことを考えすぎないで、客観的に落ち着いてテニスできたら、とても上手になりますよ^^

テニス楽しんでください!それでは^^

 


漫画「BLUE GIANT」から学ぶ!テニスをする上で大切にしたい事とは!?

テニス経験20年以上のぼくが、

テニスをする上で大切にしておきたい、

「10のこと」

を、大好きな漫画「BLUE GIANT」を読みながら考えてみました。

テニスはメンタルに大きくかかわるスポーツなので、意外と大切なことを見失いがち。

是非この機会にダウンロードして確認してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード特典として、体験者割引特典を付けることにしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

テニス歴20年  メンタルトレーナー3級・2級保持者 名門テニススクールにおいて全国大会に出場する選手を対応輩出。感覚的なコーチングではなく理論的なコーチングには定評があり、テニスは強くなる前に楽しむ、その結果強くなるという考えをもとにコーチングをしている。